3月 302017
 


私や妻が関係していたということになれば
これはまさに私は間違いなく総理大臣も国会議員もやめる
ということははっきり申し上げておきたい
(2/17衆院予算委員会)

金銭授受やファクス、メールのやり取り…
ズブズブぶりは誰の目にも明らかなのに、
「事実と反する」とか「私人」とか「ゼロ回答」とか
「職員が勝手にやった」みたいな屁理屈を並べる見苦しいチンゾウ。

野党に関係者の証人喚問を迫られると、
「妻は寄付はしていないが、していても犯罪では全くなく…」と、
「籠池との関係の有無」から「居直り」へすり替えモード。
大見えを切っておきながら、この往生際の悪さ。

「道義国家を目指す」稲田も、
「10年ほど前から関係を断ってる」「土地売却には全く関与していない」
とか言いながら、16年1月には籠池夫妻と国側の話し合いに
同席していたことを認めた。
アキエに至ってはは100万円の寄付について
「まったく記憶がとんじゃって…」。
さらに「ケータイ水没」のオマケつき。

批判に対して、「悪意に満ちている」「おとしめようとしている」
とか、 被害者ヅラもカンベンしてほしいし。
いわばまさに「身から出たサビ」。
それにしても・・・
「真の保守」のみなさまが揃いも揃って
「真の保身」に躍起になっている今日この頃。

さて、今週末は2度目の「プレミアムフライデー」。
みなさまで座禅を組まれてはいかがでしょうか?

3月 292017
 

 

28日、朝日新聞によると

【「安保法制や特定秘密保護法に関するテレビの報道は
反対ばかりに偏っており、放送法違反だ」と主張するグループ
放送法遵守(じゅんしゅ)を求める視聴者の会」が
28日、東京都内で記者会見し、
代表呼びかけ人が作曲家のすぎやまこういち氏から、
作家の百田尚樹氏に交代したと発表した。

百田氏らは、学校法人「森友学園」(大阪市)への
国有地売却問題について
「テレビが『安倍昭恵夫人を証人喚問すべきだ』
という意見ばかり伝えることはバランスを欠く」と主張。
NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)
について
「第三者性に疑義がある。BPOを解散し、
国民の声を反映した独立規制機関をつくるべきだ」とした。
放送法電波法にもとづく放送事業者行政処分
業務停止などについて研究する、とも述べた。】

…だってさ。

「沖縄の2紙はつぶせ」「本当につぶれてほしいのは朝日新聞」
と発言する人が主張する「バランス」って…。

それにしても、
「森友問題(ばかり)を報じるな」って、
チンゾウの応援団のつもりかもしれないけど、
このタイミングで出てくるなんて、
「押すなよ!」って言ってるとしか…。

3月 292017
 

首相夫人を「私人」と閣議決定したと思ったら、
「森友学園」への国有地払い下げなどを巡り、
財務省、国土交通省、文部科学省に対する
政治家からの不当な働き掛けは「一切なかった」
と否定する答弁書も閣議決定した。

2015年には「ポツダム宣言をつまびらかに読んでない」
と言ったはずなのに、
「安倍総理は確かにポツダム宣言を確かに読んだ」
に閣議決定されている。
以前、「脱法ハーブ」が流行った時期と重なり、
「脱法内閣」と呼んだことがあったけど、
長期政権で「閣議決定」という別の法体系を見出したようだ。
そりゃ強いわ。(呆)

3月 282017
 


国会の席でニヤニヤしているアソウに
不快感を抱きつつもガマンできるのは、
「チンゾウに比べれば…」&「総理大臣だったの時のように、
毎日あのダミ声を聞かされなくてすむ」という消極的な理由から。
こちらの「スルー力」のたまものだ。
でも「森友問題」、やっぱ財務大臣もストライクゾーンなんだろうなぁ…。
ゴーマンかましても、必死のパッチぶりがうかがえる。

質問者に対して「偉そうに」とおっしゃるなら、
久しぶりに漢字のお勉強でもしてもらうか!

3月 272017
 

まいどばかばかしいお話で。

教科書検定で、道徳教科書の教材にあった
「パン屋」が「和菓子屋」へ、
「アスレチック遊具」が「和楽器店」へと書き換えられた。

文科省によると「パン屋がダメというわけでなく、
「教科書全体で指導要領にあたる
『我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つ』
という点が足りないため」だそう。
「正直、誠実」「節度、節制」
「礼儀」「感謝」などの徳目も並ぶ。

「安倍晋三記念小學院」が完成していたら…と思えば、
このおバカな検定結果も「狙い通り」。
「教育勅語」も、ガチだったのだろう。

「教育勅語」を「いいことも書いてある」と肯定し、
「道義国家」などと、道徳を押し付ける人に限って、
自分の目的達成のためなら手段を選ばないことが、
このたびはっきりした。
「教育勅語」の中身なんて、ほんとはどうでもよくて、
むしろ反論しづらい「道徳」や「教育勅語」を
踏み絵させることで、 「なんかヘンだよね」と思いつつ
口ごもる人たちを従わせる手段として利用しているみたい。
「右傾化」というより、国が企業のように
人をマネージメントの対象とみているのだろう。

3月 252017
 


籠池氏に「はしごをはずされた」と名指しされた大阪府松井知事。
「ボクを国会へ呼べばいい。いつでも行く」と息巻くも、
100条委員会は維新と公明の反対で開けなかった。
ホントはホッとしてるんだろうけど、
そこは「大阪」。
こんなおいしいネタをいかさないテはない。
松井はん、こちらをご参考に、ぜひ!

https://www.youtube.com/watch?v=jfYy54keHck

 

3月 242017
 

20日、豊洲市場をめぐる都議会100条委員会で
石原元都知事の証人喚問があった。

「残念ながら私、すべての字を忘れました。
思い出せないことが多々ある」…だって。

稲田防衛大臣も森友学園の顧問弁護士をしてたかどうか、
「強い自信を持って」記憶にない、と言う。

卒園式の季節、この曲を聴いて
あんなこと、こんなこと…思い出していただきたい。

3月 242017
 


23日、衆参両院で籠池理事長の証人喚問。

「私人」アキエとの現金やメールのやり取りにとどまらず、
稲田の弁護士事務所、鴻池議員、東徹参院議員(維新)、
柳本卓治参院議員(自民)、北側イッセー元参院議員(元国交副大臣)、
畠元府議、元大阪総務部長、
JR東海の葛西の名前まで飛び出した。

維新の下地議員は
「松井(大阪府知事)さんがはしごをかけてくれたのに、
あんたが自分で落ちたんだ」と、
親分の介入について口を滑らすおマヌケぶり。

自民・公明・維新の証人に対する高圧的な態度は本当に失礼。
自分が国民の代表であると同時に、
自分がチェックされる立場でもあることを忘れてるみたい。

森友とのかかわりがあったら
「国会議員も辞める」とまで言い切ったチンゾウ。
さて、どんな屁理屈をこねることやら。

3月 232017
 

チンゾウの「南スーダン撤退オレお手柄」会見に割り込まれてしまった
「籠池会見」を、夜のニュース番組で見ようと思ってテレビをつけた。
たまたまバラエティ番組をやっていて、
ダウンタウンや梅沢富雄、片山さつきが出ていた。
(3/10フジ系ダウンタウンなう)

現職の議員(片山)に向かって、
「蓮舫さんのことキライでしょ?」などとダウンタウンの片方が話をふる。
もう片方がニヤニヤ腕組みで様子をうかがっている。片山は
「そんなことないですよ」と笑ってかわすが、
「でも、ほら、(民進の)トップが蓮舫さんだと…」
「まぁありがたいですよね、やりやすいっていうか…」
「ホラね~」(爆笑)
「あ、いや、同じ参議院の女性議員という意味ですよ!
ずっとトップでいてくださいね~」(大爆笑)などと馴れ合っていた。

梅沢は進行や台本は無用!と、
「(番組に?)合わせられるのが芸人なんだ!」みたいなことを言って、
はっちゃけ芸人アピール。
「毒舌全開」って、
叩きやすい相手を本人のいないところでみんなでイジって、
なにに「合わせ」てるんだ?

そういえば秋からのNHK朝ドラは「わろてんか」。
吉本興業の創業者の話らしい。
吉本芸人のイジり、イジメ体質にウンザリしてる私は
ちっとも笑う気になれない。

 

 

3月 212017
 

「共謀罪」が21日、閣議決定された。
いままでだったら「やったこと」が罪になったのに、
法案が通れば、やってなくても「準備」しただけで罪が問われる。
「一般人」といっても、組合や市民活動、
オウムのことも考えればヨガ教室など、
対象が幅広い範囲にになりかねない。
「活動が一変した」のを判断するには、日頃から監視しないければわからない。

「一般の人」であるために、市民活動は萎縮、自由を失い、
世の中の空気が変わってしまいかねない。

そもそも「テロ対策」の触れ込みだったにもかかわらず、
後付けで「テロ」という文言を入れ込もうとしている。

「成案を得てから~」って、
法案が通ってからのやりたい放題が想像つく。
過去、「共謀罪」が3度も廃案になった理由をあらためて思い出したい。