8月 282006
 

 佐高信・小森陽一著「誰が憲法を壊したのか」を読んだ。
憲法のくだりより、漱石の批判精神やユーモアについて触れていたのがおもしろかった。
 子規については、子規の死後、母親が亡骸を抱きながら
「もう一遍痛いというておみ」
 と言ったエピソードなどが紹介されていた。
 こんないい話がたくさんあるのに…
それにくらべ、行政が繰り返す「坂の上の雲」の薄っぺらいことよ。
 もったいない!

 Posted by at 11:06 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください