7月 242016
 

201607pikachu
「ポケモンGO」のニュースが続く。
ゲームにまったく興味がないけど、
「ポケモン」といえば、姪っ子クミコを思い出す。

姉ちゃんが神戸の実家帰ってくると、赤ちゃんだったクミコは、
ことあるたびにかんしゃくを起こし、みんなをほとほと困らせた。
ある時、ばあちゃん(母)が名案を思い付いた。
クミコの大好きなポケモンのタオルケットを用意しておいたのだ。

クミコがいつも通りピーピーぐずり始めると、
母はここぞとばかりタオルケットを取り出した。
「ホレ、クミコの大好きな『ピカドン』だよ!」
なにか違う!?とみんな首をかしげつつも、
とりあえず機嫌を直したクミコに家族一同、
ホッとしたのを覚えている。

子供用のタオルケットは、使い手がいなくなって押し入れに眠ったまま。
クミコはアラサー女子になった。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください