12月 032015
 

日本のシンドラー「杉浦千畝」が
映画公開で再び見直されているようだ。
エルトゥールル号事件を扱った「海難1890」上映も重なり、
「人道的なニッポン人スゴイ!」と気持ちよくなるのはいいけど、
杉浦について言えば、1947年、47歳の時、
訓令違反で外務省をクビになっている。
しかも名誉回復したのは死後から5年経った1991年。
44年もの間、国家国民そろって一人の働き盛りの男を
腫物扱いしたことは心に留めておきたい。
杉浦が称えられるほど居心地が悪いのか、
映画のクレジットに「外務省」の名がない。考え過ぎ?

 Posted by at 1:54 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください