6月 172006
 

道後温泉にもほほえましい風景が
朝の椿湯は地元のバァちゃんで
いっぱいだ。
更衣室での会話を聞いていると
伊予、というか道後のバァちゃんの
気質が表れていておもしろい。
「ウチのおじいさんは倒れてから、夜一人で寝るのを怖がるんよ」
「一緒に寝たらえーねん」
「うん、一緒に寝よる。ほしたら、甘えてきよるんよ。」
「安心しよんじゃね。やや子さんに戻りよるんよ」
ああ、こういうのってええなぁ。(つづく)

 Posted by at 12:11 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください