5月 112006
 

10605-2tomoji.gif

  選挙カーに乗せてもらった。
 舌っ足らずでつっかえながらマイクで街宣。
 申し訳ないけど、ちょっとドライブ気分。


  「サカクモまちづくり」は問題点がわかりにくく、
伝え切れていない現状もあって争点にするのは難しかった。
 共産党議員だけが「記念館」のむだ遣いにふれただけで、
あとはタケ子をはじめ、賭に出る候補者はいなかった。
 現実はそれほど保守化しているのだろう。
 ウソかホントか知らないけど、
選挙ポスターの背景に 「雲」がある人は「サカクモ推進派」というウワサも聞いた。
 市民だけでなく、議員をも分断してるとしたら、
そんな「まちづくり」って、なんの意味があるのだろう。
 選挙カーでいろんなところを回った。
 車から手を振っているうちに、
ふと、自分がこの町に別れを告げているような気持ちになった。
 商店のおじさんが道に出てきて手を振ってくれた。
 名簿にないけど自分の活動を見ていてくれる人がいる。
議員冥利につきる、ってもんだろう。
 トモジイの家の前を通る。
  「シッシッ!」と追っ払う仕草をするので、 わざと大きな声で
「お手を振ってのご声援ありがとうゴザイマスゥ~!」
 と言うたった。 トモジイはズッコけていた。
 マンガのようなおっさんだ。

 Posted by at 10:33 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください