3月 162011
 

社保庁

第3号被保険者の救済問題でまたまた年金問題だ。一部の不心得者のために、専業主婦はまたも標的に。
しかし年金モンダイは要注意だ。
2005年の年末だったか、「年金未納問題」が発覚し、「社保庁改革」が叫ばれ、日本年金機構が発足した。
で、「民間委託」で国の直接責任を分離したあとで、今度は「年金未払い問題」が発覚した。
そんなざっくりとした記憶があるので、「年金一元化」が政治課題になっている時に、
このテの「専業主婦バッシング」が高まるのは、御上にとって好都合。なにかの意図を感じてしまう。
一元化によってもっとも痛手を被るのは、いわゆる「2階建て」部分を失うサラリーマン世帯ではないのだろうか。
きょうび、「専業主婦」を名乗るのも後ろめたい時代。
年金のあり方をめぐり、低賃金や労働問題をすっとばして、いつもの専業主婦叩きの不毛な論争を繰り返さないか、心配だ。

 Posted by at 11:15 午後

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください