10月 042022
 

 高山の朝市のあちこちで芋づるを売っている。
 サツマイモの葉と「つる」の間の葉柄の部分だ。
 先端側から筋をとるのが普通だが、「この品種はやわらかいからとらなくていいよ」といわれた。
 ネットのレシピではだし汁でにこむが、だし汁は手元にないからコンブと醤油をつかった。
(芋ツルはキンピラにしてもおいしいらしい)

▽材料 (3人分)
・芋つる 300g(たっぷり一束)
・油揚げ 1枚
・昆布細切り 5センチ角
・サラダ油 大さじ1
・水 200ccc
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1

▽作り方
①芋つるは5センチにカットし、水に30分ひたしあく抜き。
②水200㏄に昆布の細切りを入れておく。
③油揚げを1㎝幅にカット。
④フライパンにサラダ油を入れ、芋ツルがしんなりするまで炒める。
⑤昆布入りの水と、砂糖医と醤油をいれて水分が少なくなるまで煮込む。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください