6月 072020
 

▽材料 2人分
・ナス5本
・ミョウガ 1個
・サバ缶(醬油煮)1
・酒 大さじ3
・水 少々
▽作り方
①ミョウガの根の部分を切って、皮を1枚はぎ、半分に切ってから斜めに薄切り。キッチンペーパーにつつんで水にさっとさらして軽くしぼっておく。
②ナスはシマメにむく。ナスに縦縞を入れるように3カ所を、幅1センチほど皮をむいておく。それを「乱切り」にする。
③ボウルに山盛りになったナスを水でさらしてからフライパンへ。酒と水をちょっと加え、サバの缶詰を入れて、ふたをして蒸し煮に。
④5分ほどでふたをとり、ざっくり全体をまぜ、強火で水分を飛ばす。
「混ぜすぎてナスが崩れたらあかん。サバも形が残ってた方がおいしいぞ」
⑤皿に盛りつけて、ミョウガをのせてできあがり。タカノツメを加えてもおいしいかも。

 この料理、簡単このうえないが、サバ缶選びが大事らしい。
 鯖ずしで有名な福井県小浜市の「田村長」の醤油味の缶詰(味噌味でも)が鬼のおすすめ。サバは北欧産だが、北欧の魚特有の脂がのっていて味もちょうどよい。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください