5月 312020
 

「食欲がない時は卵や豆腐を入れちゃあかん」ってことで教えられたシンプルなゴーヤチャンプル。ゴーヤの苦みとみそがぴったり。種やワタもそのまま使っているが、種の歯ざわりやワタの苦みが苦手なら取り除いてもよい。

▽材料(1~2人分)
・ゴーヤ 1本
・豚の細切れ肉 100グラム
☆酒 大さじ1
☆みそ 大さじ1
☆砂糖 ひとつまみ
☆コショウ
▽作り方
①☆を混ぜあわせておく。
②ゴーヤを5ミリの輪切りにする。(当初は白い綿と種子は除いていたが、その後取り除くのはやめた)
③豚肉を炒め、ゴーヤを入れてさらに炒め、しんなりしたら、混ぜておいた調味料を加える。

 Posted by at 11:38 午前
5月 302020
 

 朝から鍋。ホウレンソウを使うシンプルな鍋だから、写真が難しい。火を入れる前と後、どっちがよいのかなあ。
 炊きたて玄米ごはんが朝から進む。腹いっぱい。ごはんのおかげで朝酒は飲まずにすんだ。
 
▽材料(2人分)
・豚肉しゃぶしゃぶ用 200グラム
・ホウレン草 1把
・あぶらあげ 2/3枚
・豆腐 1丁
・大根小 1/2本
・コンブ(7センチ角) 1枚
・みりん 大さじ1
・薄口しょうゆ 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・ポン酢 適量

▽作り方
①水を半分程度入れた土鍋に、コンブを沈めておく。みりんと薄口しょうゆ、塩を加える。
②大根をおろす。
③ホウレンソウを1/3に切ってボウルでよく洗う。
④あぶらあげは、縦に半分に切ってから幅1センチほどに切る。(余った部分は幅5ミリに切って冷凍し、みそ汁に使う)
⑤材料を鍋に入れてカセットコンロであたため、ポン酢と大根おろしをつけて食べる。

 Posted by at 10:11 午前
5月 292020
 

 石川県で買ってきたおいしい酒かすと豆腐屋さんの豆乳があるから、昼に「酒かす豆乳シチュー」をつくった。
 レシピは2種類教えてもらったが、こちらは圧力鍋を使う簡易版。ふつうの鍋を使うなら5分ほど煮込めばよいという。
 サツマイモを加えたら甘みでこくが出る。野菜だけでもあっさりとおいしいけど、シチュー用の肉かベーコンを入れたらさらにうまみが増すだろう。

▽材料
・ダイコン 5センチ
・ニンジン 1/2本
・タマネギ 小1個
・シメジ 1パック
・コンブ 5センチ角
・豆乳 150㏄
・酒かす 子どものこぶし大
・塩 小さじ1杯弱
・コショウ

▽作り方
①ダイコンは厚さ7ミリにいちょう切り。ニンジンは厚さ5ミリに半月切り。タマネギは縦に6分の1のくし切り。シメジは小房に分ける。
② ダイコンからコンブまでを圧力鍋に入れ、7割浸す水を入れて2分間圧力をかける。
③圧力が抜けたら、子どもの拳程度の酒かすを加え、余熱でとかす。
③食べる前に豆乳を加え、塩コショウで味をつける。

 レンコンやサツマイモ、アスパラ、肉やベーコンを入れてもおいしい。

 Posted by at 10:49 午後
5月 292020
 

 最後の入院時、病院の夕食に出てきた野菜炒めを指して「これつくったらええ」とレシピをそらんじた。最後に教えてもらった料理。ニラをまるまる1把食べられる。
 きのう載せた最初のレシピも、この最後のレシピも、ニンニクとショウガを使う中華風だったんだな。
 野菜炒めって撮影が難しいのだけど、朝の光の下では、それなりにおいしそうに見える。ニンジンはもう少し細く切るべきでした。
 朝のビールはまわるわぁ。

▽材料
・タマネギ 1/2
・ニンジン 1/2
・豚肉 70グラム
・ニラ 1把
・ニンニク 1かけ
・ショウガ 1かけ
・塩 2つまみ
・コショウ
・ごま油

▽作り方
①ニンニクとショウガをみじん切り。
 タマネギは繊維に沿って薄切り。ニンジンは千切り。ニラは4センチほどの長さに切る。
②豚肉をごま油で炒める。
③ニンニクとショウガを投入。
③ニンジン、タマネギを加えて、最後にニラをさっと炒める。
④塩とコショウをふり、味が薄い時はしょうゆをひとふり。

 Posted by at 9:53 午後
5月 282020
 

 8日ぶりに料理の撮影。
 きょうは「ナスとピーマンと豚肉炒め」。
 最初に教えてもらった鬼レシピだ。レシピにピーマンの切り方を書き忘れていたが、適当でよかろう。
 前もってみそと砂糖と酒を混ぜておくこと、ショウガとニンニクを炒めること、それだけでこんなおいしくなるんだ! と最初に教えてもらったときは驚いた。
 昼からビールを飲んでしまい午後もヘロヘロ。


▽材料(2人分)
・ナス 2本
・ピーマン 3個
・豚肉細切れ 100グラム
・ニンニク 1かけ
・ショウガ 1かけ
☆みそ・酒・砂糖 各大さじ1
☆みりん 大さじ1/2

▽作り方
①☆をよくまぜてペースト状にする。
②ナスは「乱切り」。斜めに切って、切り口を上にしてまた斜めに切って…とくり返す。ピーマンは食べやすい大きさに(種が入ってもかまわない)。
③ニンニクとショウガをみじん切りにして炒め、豚肉、ナス、ピーマンを加える。
④ペースト状にした①を入れて混ぜたらできあがり。
「たいていは、しょっぱい調味料と甘い調味料は同じ分量にすればええ」と鬼コーチ。

 Posted by at 10:46 午後
5月 182020
 

 野菜を買いそろえて、昼食用につくる。
 イシルを加えると、見違えるようにうまみが増した。
 いりこの甘いだしにホクホクしたサトイモがとろりとろける。
 撮影では水を入れたおちょこを飾ったが、食べているうちに酒が欲しくなって昼から冷酒をあおってしまった。朝はビールを飲んじゃったし……栄養はとれるけど、体によいのかわからんな。

▽材料(4人前)
・サトイモ(8個ぐらい)
・ゴボウ 1本
・ダイコン小 1/2本
・ニンジン 1本
・白ネギ 1本
・鶏胸肉 200グラム
・イリコ 6匹
・あぶらあげ 1枚
☆しょうゆ 大さじ3
☆酒 大さじ3
☆みりん 大さじ3
☆水 400~600㏄
・イシルか塩

①里芋は、両端を切り落として厚めに皮をむき、ひと口大に切る。
 ニンジンは皮をむいて、ひとくち大の小さめの乱切り。
 ダイコンは縦に4分の1にして、厚さ1センチぐらいのイチョウ型に切る。
 ネギは厚さ1センチの小口切り(輪切り)。
 細いゴボウは包丁で皮をこそげ落としたあと、斜めに薄切り。
 鶏胸肉は食べやすい大きさに。
 あぶらあげは縦に半分に切ったあと、1センチ幅に切る。
②野菜を全部、圧力鍋に入れ、鶏肉とあぶらあげ、頭と腹を除いたイリコをのせ、☆を加える。
③はじめは強火、圧力鍋の圧力がかかったら弱火に。2分後に火を止め、圧力が抜けたらさっと混ぜて味見をして、イシルか塩で味を調整する。

 Posted by at 2:24 午後
5月 182020
 

 けっこう面倒だけど、ねりゴマが香ばしくて、あぶらあげがこくがあり、キュウリのさわやかさとよく合う。
 卵とトマトが余っているから、ついでに両者の炒め物もつくった。こりゃもう、朝からビールやな。

▽材料(2人分)
・キュウリ大 1本
・あぶらあげ 1枚
・練りゴマ 大さじ1
・砂糖 薄口しょうゆ 各小さじ1
・酢 小さじ2
・塩 小さじ1/2

▽作り方
①キュウリは縦半分に切って、斜めに薄切り。塩をまぶして3分ぐらいおき、しんなりしたら、さっと洗ってしぼる。
②練りゴマ、砂糖、薄口しょうゆ、酢をまぜておく。
③あぶらあげをオーブントースターで軽く焼いて。粗熱がとれたら縦に半分に切り1センチ幅に切る。
④すべてをあえて、できあがり。

 Posted by at 10:55 午前
5月 172020
 

 近所の豆腐屋さんで濃厚な豆乳を売っている。その豆乳でシチューやスープをよくつくった。余ると昼ごはんにフレンチトーストにした。
 家で2人で過ごしていた2018年9月以来、1年8カ月ぶりにフレンチトーストをつくってみた。
「粉砂糖があるときれいだけど、蜂蜜の方がおいしいよ」と言われたのを思い出した。
 蜂蜜は愛媛の友人がお見舞でくれた。パンはヤマザキでも、華やかで上品な甘みに包まれる。2年かけてとうとう使い切っちゃったな。

▽材料(2人分)
食パン(6枚切り) 2枚
☆豆乳  150㏄
☆卵 2個
☆砂糖 大さじ2
バター 大さじ1
蜂蜜か粉砂糖 少々

▽作り方
①食パンを1/4に切る。☆をボウルでよく混ぜる。
②ボウルにパンを浸す。5分でひっくり返して裏側も浸す。③フライパンにバターをひき、パンを弱火で焼く。 ひっくり返して両面に焼き色をつける。
④蜂蜜か粉砂糖をかける。

 Posted by at 2:34 午後
5月 172020
 

 ホタルイカのヌタなど、いろいろ教えてもらったけど、これは一番安上がり。
 冬に比べるとネギが硬くなってきたから、ゆでる時間を30秒ほど伸ばした。
 
▽材料
・青ネギ 1把
・ちくわ 1本 
・酢・みりん・みそ 各大さじ1
・練り辛子 小さじ1/4

▽作り方
①青ネギを3センチ程度の長さにぶつ切りにする。ちくわは縦半分に切って5ミリの厚さに薄切り。
②酢とみりん、みそ、練り辛子を混ぜて辛子酢みそをつくっておく(みりんのかわりに砂糖でも可)。
③小さなフライパンに湯を沸かす。
④青ネギは根元の太い部分から先にゆで、1分ほどしてから細い部分も加えて30秒ほどゆでる。
⑤水をかけて冷まし、ネギをギュッとしぼって器にのせ、ちくわをばらまき、上から辛子酢みそをかける。味が濃い場合があるから、最初から酢みそをあえない方がよい。

 Posted by at 9:34 午前
5月 162020
 

 ミンチとタマネギとレタスとスナップエンドウが余っている。
 手っ取り早くスープにすることに。
 新タマネギの丸ごとスープ([http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=13168])と、キャベツとひき肉スープ([http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=11884])を融合させてみた。
 タマネギやミンチは圧力鍋にかけるけど、火が通りやすいスナップエンドウとレタスは圧力を加えた後に加えて余熱で火を通した。

▽材料
・ミンチ 100グラム
・ニンニク 1かけ
・オリーブ油 大さじ1
・新タマネギ 2個
・ローリエ 1枚
・レタスやスナップエンドウ 余り物
・とろけるチーズ 1枚分
・塩 2つまみ
・コショウ
・しょうゆ

▽作り方
①圧力鍋にオリーブ油をひいて、みじん切りにしたニンニクとミンチを炒める。
②1/4のくし切りにした新タマネギと水4カップを加え、塩をふる。
③2分間圧力をかけ、圧力が抜けたらスナップエンドウやレタス、チーズを加えて余熱であたためる。
④味が薄ければ塩かしょうゆで調整する。

 Posted by at 10:41 午後