2月 212020
 

 昨夜のネギが余っている。一気に食べるため、ネットで見つけたレシピ。
 簡単でけっこうおいしい。
▽材料
・鶏もも肉 200グラム
・白ネギ 1本
・ポン酢しょうゆ 大さじ2
・ユズ胡椒 小さじ1/2
・塩コショウ
・油
▽作り方
①もも肉は一口大に切り、塩コショウする。塩の量はひとつまみぐらい。
②白ネギの白い部分だけではもったいないから、青い部分も含めて斜めに薄切り。
③フライパンに油をひいて、中火でもも肉に火を通す。
④肉に火が通ったらネギを加えて炒め、ポン酢しょうゆ、ユズ胡椒で味をつける。

■トマトと卵とキュウリの納豆
鬼コーチの友達のあゆみちゃん直伝の納豆。
キュウリ(1/3本)のみじん切りとトマト(小1/2個)のざく切りと生卵、納豆のたれを混ぜるだけ。
今回は黒豆納豆だから、本来の外観とはちょっとちがう。
炊きたての玄米にのせて食べた。

 ちなみにお遍路を中断して帰ってきた夜に作ったのは、「大根と手羽元の酢煮」。本来の鬼コーチメニューは「黒酢煮」なのだが、黒酢を買うのはもったいないのでふつうの酢で煮た。

2月 212020
 

 お客さんが来るから、二八のソバを2玉打った。1つめは300グラムで水を少なめに。2つめは250グラムでべたつく程度の水の量にした。後者の方がより薄くすることができて、ソバもツルツルとなった。前者は分厚くてブチブチに切れてしまった。
 薄く伸ばすことが大事なのだと、ようやくわかってきた。
食べさせたかったなあ。

 Nさんが持ってきたのは、ペルー人の友人がつくったというパパレジェーナ。
見た目は巨大なコロッケのよう。ジャガイモと鶏肉がたっぷり。手作りの黄色いチリソースも抜群においしかった。

2月 022020
 

 墓参りから昨夜帰ってきて、ブロッコリーと豚肉炒めを作った。きょうは、新タマネギと手羽先のスープ。教えてもらってレシピ(こちら→)に、実家でもらったニンジンも加えた。

 もう一品は、余っているネギを生かして厚揚げネギみそ焼き。
 ちょっとみそが足りなかったが、つまみにはなった。

 ちなみに朝食は、前夜に残り野菜を切って鍋に入れておいた簡単豚汁でした。

 「「お迎え」されて人は逝く」という本で、看取りの経験をした人はそれを生かさなければならないと書いてあり、週刊誌で「風呂であたたまって免疫力」という記事を見た。
 風邪気味だから1年6か月ぶりに自宅の浴槽に湯を張った。
 Rが最後の入院をしてから、自分だけぬくもる気になれず一度も使っていなかった。
 久しぶりに湯を入れたらごみだらけ。10分ほどつかったあと、20分かけて掃除した。
 やっぱり一人だけで湯を張ってあたたまるというのは居心地が悪い。
 次は半年後かな。