4月 162010
 

NHK大阪


大阪で6時のNHKニュースを見る。
新入生の入学式のニュースだった。
女性アナウンサーが子供達にインタビューするVTRが流れる。
「大きくなったら何になりたいですか?」
「うんっと、パティシエ!」
「どんなケーキ作るの?」
「・・・」(テロップにも「・・・」)
突拍子もない質問に子供の顔がみるみる凍ったところでVTRが終わり、スタジオの男性アナウンサーが
「そんなこと聞くか?」と関西弁でツッコミ。
そして場の流れを変えるかのように、
「わたしは子供の頃は野球選手になりたかったですね」
と、さわやかに素振りをして見せた。
今度は隣にいた女性アナウンサーが、
「わたしはアイドルになりたかったです」
と、再び場の空気は険悪に…。
男性アナは目も合わさず
「聞いてへんわ!」とあからさまに不機嫌に言い放った。
ドギツイ漫談のような6時のニュース。
今まで気が付かなかったのは「慣れ」からだったのか。
それとも「みなさまのNHK」の新たな方向性なのだろうか。

4月 142010
 

1匹千数百円の天然鯛を奮発。
ローズマリーをつっこんで、白ワインとレモンと
……蒸すこと15分ほど。

 

尻尾は鍋に入らないんでちょん切りました。
添えたのは蒸し野菜サラダ。

ヨーグルトとマヨネーズとオリーブオイルと黒コショウのソースにつけて。

こちらが皿に盛った写真。
2人で腹いっぱい。

4月 132010
 

愛媛の知人に猪肉500グラムいただいた。
「一昨日、撃ってきたばかりなんよ」
舌なめずり。
冬の猪は脂がのっておいしいもんなあ。

まずはちょっとだけ焼いて……

ゴボウと猪の肉がぴったり。
血抜きの技術がいいのか、臭味がなくて。
市販のめんつゆを使っても全然OK。

今度は味噌味で。これもまた、猪のおいしい脂身とぴったりあうのだ。

最後に、猪のスペアリブの黒酢煮。真っ黒になってしまったけど、卵と黄身と色合いが合うんちゃう?

4月 132010
 

亀井さんと森永さん


 ちょっと前に、小泉シンジロウと亀井静香が国会で「論戦」ってのがニュースになった。
シンジロウは亀井の郵政改革案について
「支持率の低い政党の方針には従えない。国民をバカにしている」
みたいなことを言っていた。
 それに対し、「世論調査で政治をするものではない」と亀井。
 全然「論戦」になってないのに、シンジロウは取材陣に向けて亀井のことを
「敵ながらあっぱれ」みたいなコメントをした。
全然負けてるのに、ヨユウをカマすことで上位につこうとする、そーゆー小手先の「テクニック」ばかり身につけてるのが、いかにも世襲議員らしい。
あ~ヤダヤダ。
しかしいっぽう、亀井静香を見ていると、
「あ~、誰かに似てる!」って気持ちばかりわいてきて、肝心の言ってる内容がアタマにさっぱり入ってこない。
あ~ホラホラ、オタクで経済評論家の……。
あ~ホラホラ、「ハリセンボン」の太った方の……。
これって、私だけやろか。