4月 282010
 

ひとまわり大きくなって……
「選挙メシ」って、支持者のライフスタイルが反映されるのか、陣営によって個性が出ておもしろい。
辻本やタケ子のところみたいに環境問題に熱心だと、「有機生協」っぽいカンジだし、
去年手伝った保守系の女性議員のとこは、資金力に加え「地元利益」を重んじ、仕出し弁当だった。
街宣車から手を振って二の腕の運動や、
幟旗をもって駆け足する「選挙運動ダイエット」を心がけ、
「選挙メシ」のカロリーを消費するつもりだったのだが…。
候補者やスタッフが日に日にやつれていくのと反対に、
私ばかり存在感を増してきたような…。 (つづく)

 Posted by at 12:01 午前
4月 262010
 

選挙メシ 食いすぎ
2日間ほど、タケ子の選挙の手伝いに松山へ行った。
夕方に着いて、それから選挙カーに乗る。
街宣から戻ってくると、事務所の人がまかないを出してくれた。
建設会社が農業参入でつくったコメが白むすびにしてあって、ふっくらおいしく6個、平らげた。
だしがしっかり効いた薄味で牛すじ入りのおでんはいくらでも食べられる。しじみ汁で締める。
翌日は差し入れの「カツカレー」。
「選挙に勝つ!」のゲン担ぎか、それとも
のんびりムードのタケコ事務所への「喝」なのか。
さらにお手製の牛のたたき。新タマネギがタップリ添えられている。
「肉」オン「肉」。うん、選挙戦は体力勝負だもんね。
食べ終わった頃に山菜ご飯のおむすびが…。
味見のつもりが止まらない。
3日目。雨の中の街宣。びしょぬれで帰ってくると、暖かい生姜スープ。
もやしと豚肉の和え物や山菜おこわ、タケノコと絹さやの卵とじ、ひじき…。
イタドリも懐かしかった。
健康に気遣いつつ、取り分けやすさや仕込みやすさなど、「選挙メシ」メニューは奥が深いのだ! (つづく)

 Posted by at 10:24 午後
4月 182010
 

便所の神様

「トイレの神様」という曲が流行しているのだとか。
さっきテレビで放送していた。
若い女性歌手が同居していた祖母との思い出を元に作ったという。
「トイレにはきれいな神様がいるから、掃除をすればべっぴんさんになれる」
「気だての良いお嫁さんになりたくて今日も便器を磨く」
みたいな歌詞だった。
これって、「トイレをきれいにしたら商売繁盛」の
イエローハット(カー用品)の鍵山秀三郎みたいやな。
それにしても、こんな便所掃除が好きな女性がお嫁さんになったら、
ダンナが小便をハズそうものなら、「気だてが良い」どころか
「今度から座ってしろ!」って、えらいケンマクで怒られそうやな。
って、余計なお世話か…。
「気だての良いお嫁さん」になるために、便所掃除の後は、
ぜひ「手料理」にも取り組んでいただきたい。

 

 Posted by at 9:00 午前