8月 012022
 

 塩こうじをまぶして丸ごとゆでるのではなく、観音開きにして砂糖と塩をもみこむと、胸肉はいっそうしっとりする。

▽材料( 3〜4人分)
・鶏胸肉 大1枚(400g)
◯砂糖 大1/2
◯塩 小1/2
・きゅうり 2本
・塩(板ずり用)小1/2
・片栗粉 大1

A調味酢(メモ1)大2
A醤油 大2
A砂糖 大2
Aすりごま 大2
Aごま油 小1

▽作り方
①鶏肉は観音開き(中央に厚み半分まで切り込みをいれ、そこから左右に切り込みを入れて開く)にし、数カ所穴をあけ、◯の砂糖、塩を順につやがでるまでもみ込む(ひと晩寝かせると保水効果がさらに高まる)。
②肉に片栗粉を薄くまぶして、沸騰した湯に入れる。
③ふたをして、再度沸騰したら火を止め、さめるまで放っておく。
④きゅうりは板ずりして、細切り。キッチンペーパーで水気をふき取る。
⑤ボウルにAを入れ混ぜる。さめあ肉をこまかく裂き、きゅうりとともにボウルにいれて和える。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください