4月 022018
 

P3302166

カツオは買ったが、残りは鬼コーチ謹製の夕食。
タケノコごはんは、細かく切った油揚(1/3枚)とニンジン(3センチ)、前日に下ゆでしておいたタケノコ(小1本)、カツオ節とコンブのだし汁、米3合を大型フライパンに入れて、薄口しょうゆ(大さじ2.5杯)、塩(ひとつまみ)、酒(大さじ3)で味をつけて炊く。鍋がないからフライパンを使ったけど、火のまわりがよいのかおいしく炊けたという。

P3302161

小松菜湯葉あえは、ゆでた小松菜をわさびじょうゆで味つけして、近所の豆腐屋さんのゆばとあえた。

P3302164
野菜スープは、朝のうちに、ニンジン・ジャガイモ・タマネギ・カボチャ(少々)・長ネギ(白い部分1/2)、ローリエ(1枚)を圧力鍋でやわらかくしたあと、塩(3つまみ)とコショウを加えてミキサーで砕いた。4分の3は保存用に。食べるときに牛乳とバター少々を加えて温めた。
P3302163

今回の器は、輪島に住んでいたころ少しずつ買い足した漆器のそろい踏み。キリモトの智頭杉のプレートと。吉田さんの赤い端ぞり飯椀と、大崎さんの蓋付き文久椀、辻さんの蓋付き椀(治部煮用につくってもらった)……。

P3302169

「これは薄くて軽いやろ。まさにザ・輪島塗や。これはつかみやすい、こっちは持ちやすい。作り手の顔が見えてくるわ」とのこと。

 Posted by at 8:51 午前

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください