10月 042022
 

 高山の朝市のあちこちで芋づるを売っている。
 サツマイモの葉と「つる」の間の葉柄の部分だ。
 先端側から筋をとるのが普通だが、「この品種はやわらかいからとらなくていいよ」といわれた。
 ネットのレシピではだし汁でにこむが、だし汁は手元にないからコンブと醤油をつかった。
(芋ツルはキンピラにしてもおいしいらしい)

▽材料 (3人分)
・芋つる 300g(たっぷり一束)
・油揚げ 1枚
・昆布細切り 5センチ角
・サラダ油 大さじ1
・水 200ccc
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1

▽作り方
①芋つるは5センチにカットし、水に30分ひたしあく抜き。
②水200㏄に昆布の細切りを入れておく。
③油揚げを1㎝幅にカット。
④フライパンにサラダ油を入れ、芋ツルがしんなりするまで炒める。
⑤昆布入りの水と、砂糖医と醤油をいれて水分が少なくなるまで煮込む。

10月 042022
 

 朝市の万願寺とうがらしが安くておいしいものだから、今度はじゃがいもとバター炒めに。肉厚だから肉と炒めても負けない。

▽材料(2食分)
•万願寺とうがらし10本
•ジャガイモ  中2個
(・今回は牛肉200gもくわえた)
•バター 5〜 10g
•塩、黒コショウ 各適量

▽作り方
①万願寺唐辛子は斜め切り、ジャガイモは皮を剥いて半月切り。
②ジャガイモはレンジで3分ほど加熱。
③フライパンにバターを入れて肉を炒め、いろがかわったら、万願寺とじゃがいもをいれ、塩とコショウで味を整える。

10月 042022
 

 高山の朝市で買った肉厚の万願寺とうがらし。12本で100円!
 味が濃くて美味しい。
▽材料
・絹豆腐 1丁
・万願寺とうがらし 10本
・ごま 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1
・塩 ひとつまみ

▽作り方
①万願寺とうがらしは沸騰した湯でさっとゆで、さまし、へたの部分を取って小口切り。
②ボウルに万願寺とうがらし、砂糖、醤油を入れて混ぜる。豆腐を手で崩して加え、塩で味をととのえ、ごまをまぜたらできあがり。