8月 052020
 

 ボヘミアンの釣り名人Mが高級魚アコウ(キジハタ)を釣り上げたということで、料理を振る舞ってくれることに。

 まずは白ネギをたっぷりのせて蒸す。

 その後、熱したごま油をジュッとかける。

 ぜいたくこのうえない。日本酒があっという間になくなる。

 さらにMが釣ってきたタコのたこ焼きと、アヒージョ。
 ワインが片っ端から空いていった。

8月 052020
 

 冷蔵庫で冷やしてもおいしい炒め物、ということで3年前に教わった。

▽材料(2人分)
・厚揚げ 200グラム・トマト大 2個・シシトウ 10本・ごま油 大さじ1・しょうゆ 大さじ1・ショウガ 1かけをすりおろしてしぼり汁(小さじ2)を取る。

▽作り方
①トマトは縦に6等分。②フライパンにごま油をひいて、ひと口大に切った厚揚げをこんがりするまで焼く。
③トマトとシシトウを加えて強火でざっと炒めて火を止め、しょうゆとショウガのしぼり汁を加える。(生姜の汁は、すりおろしたあと、指でぎゅっと押さえてしぼる)

 はじめてつくった3年前、「あまったショウガはどうした?」と鬼コーチに問われ、「のどにええし、そのまま食べた」と答えると、ため息をついて説教がはじまった。
「おろしたショウガは小分けにしてラップで包んで凍らせればええって教えたやろ。細切りにして蜂蜜で漬けたらジンジャーシロップになって、炭酸水で割ればジンジャエールや……」