8月 132019
 

 初盆。15日は夜勤だからきょう2品作る。
 2017年7月に最初に教えてもらった「ナスとピーマンと豚肉のミソ炒め」と、半額の豆腐を買ってきたから「ゴーヤのサラダ」。…というつもりだったが、冷凍庫にあるのは鶏もも肉だった。まあよい。
 「炒め」は、稲垣流で、ピーマンの種を取り除くのをやめたら、ずいぶん作業が楽になった。味も気にならない。

 ゴーヤと豆腐とトマトのサラダにはハバノリをちぎって載せて、ポン酢をかけた。ゴーヤは、サラダで食べるには歯ざわりが悪いと思って種ははずしたが、ワタはできるだけ残した。

8月 132019
 

 ナスとトマトの炒め煮はイラン風(↓)だが、稲垣えみこ姐さんの本を読んで、厚揚げを加えれば安くボリュームを出せることを知り、賞味期限切れ間近で半額になっていた厚揚げを加えてみた。
 塩コショウだけでなく、夏バテぎみだから豆板醤もちょっとだけ入れた。
 味が薄いから最後にイシルも加えた。
 鬼コーチと稲垣流の融合。ピリッとしてビールが進む。ボリュームがあるから腹いっぱいになった。