8月 202019
 

 道の駅で、ゴーヤとネギとナス、キュウリ、さらに「野菜を入れるだけでよい」というジップロックのついた糠床を買ってしまった。帰宅してさっそくキュウリとニンジンを糠に沈めた。

 夕食のメインは、毎度おなじみのナスとトマトと厚揚げの味噌炒め。

 もう一品、干しカボチャを使う韓国料理をつくってみる。
 オリジナルレシピ(下記)では、ちりめんじゃこが多すぎてもったいない。「粉とうがらし」がないから一味で代用した。
 でもおかずというより酒のつまみかな。

▽干しかぼちゃとジャコの炒め物
【材料】
ちりめんじゃこ 30グラム
干しかぼちゃ 70グラム
ごま油か菜種油 大さじ2
しょうゆ 大1~2
刻んだニンニク 大1
一味トウガラシ
煎りごまがないからすりごま 大2

1)干しかぼちゃを小さめに切る。
2)フライパンにごま油とニンニク、ちりめんじゃこ、干しかぼちゃを入れて、弱火で炒める。
3)じゃこの香りがしたら火を止め、一味と醤油を入れ、最後にゴマを入れて混ぜる。

▽オリジナルレシピ
【材料】
ちりめんじゃこ・・・100グラム
干しかぼちゃ・・・50グラム
ごま油・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ1~2
にんにく(きざみ)・・・大さじ1
粉とうがらし・・・適量
煎りごま・・・大さじ2

1:干しかぼちゃを小さめに切る。
2:フライパンにごま油、にんにく(みじん切り)、ちりめんじゃこ、干しかぼちゃを入れて、弱火で炒める。
3:じゃこの香りがしてきたら火を止めて、粉唐辛子と醤油を入れてからめ、最後に炒りごまを入れて混ぜ合わせる。