8月 052019
 

 猛暑の1日、山歩きをしてきた。
 夏バテだから野菜をたっぷり食べたい。ガスパチョだ、と思い出した。いろいろ怒られてつくったのはつい1年前かぁ。
 パセリがないからゆで卵(作り方はこちら→)をトッピング。

 夕飯のメインは何にしよう。冷蔵庫に小松菜と豆腐と豚の細切れ肉がある。「鬼レシピ」を検索すると、ぴったりのメニューがあった。

■ガスパチョ 20180628
材料
・トマト大 2−3個
・タマネギ 1/4
・ピーマン 1.5個
・キュウリ 1本
・ニンニク 小さめの1かけ
・パン 1/4枚ぐらい
・塩 コショウ
・オリーブオイル

 ミキサーを準備して、トマトのへたをとって投入し、キュウリやピーマン、ニンニク、タマネギ、冷凍しておいたパンもぶちこむ。
 あとはガーッとミキサーにかけるだけ。塩2つまみとコショウを加えてさらにガーッ。
 「できあがりや!」と言うと、ギロっとにらむ。
「これは食べるサラダや。サラダにはまだ足りないもんがあるやろ?」
 答えはワインビネガー(大さじ1)、あるいはレモン(1/2個)のしぼり汁。
 パセリがないからオリーブオイルだけトッピングした。今回は卵は入れなかった。

■小松菜豆腐豚肉煮
材料
・豆腐1丁
・豚細切れ100グラム
・小松菜(チンゲン菜でも可)1/2把
・しょうが 1かけ(すりおろし)
・しょうゆ(大さじ1.5)
・ミリン(同上)
・水 1/4カップ
・七味
小松菜を洗って3,4センチのざく切りに。余った分は冷凍してスムージーに使う。
フライパン中に水1/4カップ、しょうゆ、みりんを入れ、豚肉を煮る。
肉に火が通ったら豆腐を手でちぎって入れ、3,4分火を通す。
小松菜を入れてしんなりするまで煮たらできあがり。
好みで七味唐辛子をかける。