4月 302017
 

久しぶりに松山を訪れた。

銀天街も大街道も知っているお店が随分減った。

著作権的にドキドキ…な明屋書店。

大街道「出雲屋」

喫茶「坊ちゃん」

松山三越。今年で70年とか。
文化事業も引っ張ってきた三越。がんばれ!

大規模改修に入る道後温泉

なにやら掛け声が…。
秋山兄弟生誕地で合気道(?)の練習中。

ライトアップされた秋山(兄)。

東屋のせいか、よこのベンチのせいか、
古井戸っぽい(弟)。

翌日、石手寺に行く途中で見つけたラッピングバス。

横はこんなん。

反対側はこんなん。

そういえば、大街道のひめぎんの壁、
せっかくの「坂の上の雲」のまちが、
自社ポスターで台無しに…。

本来なら、「明治の群像」が描かれているのだけど…。

よりによって秋山兄弟の上にポスターを貼るなんて!
やっぱり(軍人はマズいよな~)って、
「忖度」したんやろか…?(んなワケないか)

そうそう。泊まったビジネスホテルに
こんなんありました。

なぜ「古事記」!?

著者を見て「ナゼココ」(にあるのか)納得。

どんだけウヨってんだよ!と内心毒づくも、
愛媛・松山で出会った人は私にとって
誰もかけがえがなく、大切な人たちだ。

お互い年を取って、せつない話も増えるばかりだけど、
まぁ、なんとかまたお会いしましょう!

 

 

 Posted by at 11:45 午後
4月 292017
 

「記録を廃棄した」とシラを切る役人に
業を煮やしていたら、
16年3月に財務省幹部との面会録音データや、
売買契約申請手順のお手本など、籠池爆弾再び炸裂。
「東北でよかった」(今村復興大臣)
「マスコミの首とったほうがいいくらい」(二階幹事長)
と、失言も続き、チンゾウいよいよ進退窮まれり

…かと思いきや、またも「北の国から」神風が…。
「爆弾」には「ミサイル」。
いつもの結果に終わっても、
東京では地下鉄まで止めちゃうほどのはしゃぎよう。

「Xデー」を前に、テレビでは
地下シェルターの契約が3倍(だったか?)、だの、
防毒マスクが売り切れだのやっていた。

みんな「北の国から」になにを期待してんだか。

 

 Posted by at 4:02 午後
4月 282017
 

「坂の上の雲」ミュージアムが開館して今年で10年。
「日露戦争を賛美するのか~!?」ってハンタイしてたけど、
あれから10年…。
「先進地」松山の「地域災害」にとどまらず、
「教育勅語いいところもある」みたいな、
「明治150年」を前に、 国ごと 見事に逆戻りしてしまった。
…ってコトで、市議タケ子と10年ぶりに
ミュージアムを訪れた。

400円のチケットを買って入場。
「ワタシらが一番のリピーターやわい」と、
苦笑いのタケ子。

さすが10年記念とあって、東大阪の司馬記念館から
司馬の生原稿を借りてきてたけど、
あとはあいかわらず複製品が並ぶ。
リニューアルに2000万円だったか、
これだったら、子規・漱石生誕150年に
力(とカネ)を注げばよかったのに…。

子供向けに秋山兄弟パズルや、工作コーナーが
できていた。

レトロチックなかわいいイラスト。クイズにされても、
子供にとってはどーでもいい内容。

クイズ「国民国家の三大義務」
正解は「納税」「教育」そして「兵役」
なにを学ばせたいんや…。
てか「義務」を「与える」って…。

こんな「ぬり絵」やってどーすんじゃい。

バルチック艦隊や秋山兄弟のペーパークラフト。
いろいろ考えたつもりなんやろうけど…。

「税金のムダ遣い」「二度と来ません」などなど、
来館者のホンネが綴られた「来館者ノート」を
楽しみにしていたのだが、あまり書いてほしくないのか、
喫茶コーナーの奥に、ひっそりしまってあった。
ルーズリーフ式のノートになって、
書き込みの数も日付から察するに激減。
まさか都合の悪いコメントのページを抜いてへんやろね?
と勘ぐってしまうほどだった。

土曜日昼の稼ぎ時だというのに、
喫茶コーナーは「休憩中」。
国民国家をうたっていても、
自分ファーストなミュージアムでした。

 Posted by at 11:14 午後
4月 242017
 

GR012055

春野菜の煮物。ヨモギのかまぼこ入り。

GR012057

レンジでチンのたけのこを使って。

GR012059

タケノコごはん。だしはカツオと昆布。

GR012062

鳴門のタイの刺身でサラダ。わさび醤油ドレッシング。

GR012064

愛媛のケンケンガツオ。

GR012066

石川からお取り寄せ、「神泉」のあらばしり吟醸。

GR012068

吟醸だから酸味は抑えられているが、それ以外の味は濃い。
がっつり楽しめる味。

GR012069

和食と日本酒とはしばらくお別れ。

 Posted by at 7:30 午後
4月 212017
 

この前入った食堂に、女性週刊誌が置いてあった。
パラパラめくってみると、柴門ふみの
「東京ラブストーリー」が載っていた。
「その後の」という設定で、
リカは「連れ合い(→昔の不倫相手)の介護」
と、年相応の経験は積んでいるけど、
相変わらずカンチを振り回し、
カンチもまんざらではない様子。
なんだろう、このフワフワした2人の成長のなさ。
…と、イラついて、ハタと思い当たった。
ゴルフだスキーだイタリアンレストランだ…
バブルっ気が抜けないあのご夫妻。
周りを振り回すところもそっくりだ。

追記
大ヒットした主題歌「ラブストーリーは突然に」にならい、
「アベストーリーは突然に」なんてことに…。
祈ります。

 Posted by at 12:56 午前
4月 202017
 

GR012046

タケノコごはん。
タケノコは皮を取って、コメと小麦粉(各大1)と一緒にレンチン。
下ごしらえを時間短縮。

GR012049

輪島海美味工房のメギスのやわらか煮。
「とーちゃんが外国に行く前に輪島の魚食べさせてやれ」
と、おばちゃんの声が聞こえてきそう。

GR012051

合鴨の肉を豚汁風に。愛媛のキジ肉ほどじゃないけど、
歯ごたえがしっかりあって濃厚な味。

GR012053

 Posted by at 10:50 午後
4月 192017
 

GR012044

近くのスーパーで買った合鴨の肉ですき焼き。

GR012041

肉の部分はもちろん、脂身の部分がぶるぶるんしておいしい。

GR012043

今回、輪島から取り寄せたなかでいちばん高い菊姫「鶴乃里」(2200円)。
山廃純米で、コメをあまり研いでいない。
味の幅が広くて、酸味や渋みもあるのに、きれいにまとまっている。
かつて菊姫を有名にした農口杜氏の遺伝子を感じる酒。

P4110003

輪島のコンカサバ(サバのぬか漬け)と、酒と一緒に
たかたさんが送ってくれた輪島白菊の酒粕。
大阪で買う酒粕は高いわりに味がない。それに比べて風味豊か。
いつもありがとうございます!

 Posted by at 11:21 午後
4月 182017
 

GR012025

菜の花のごま辛子醤油あえ

 

GR012026
モズクとキュウリの酢の物

GR012027

大阪のデパ地下で買った鯛を煮付けに。
石川や和歌山に比べると…な、都会のお魚事情。

GR012030

GR012034

桜の塩漬けをトッピングしたグリーンピースごはん。

GR012038

近くのスーパーで輪島・谷川醸造のおかずみそ発見!
若さん、よねちゃん、がんばってるなぁ…。

GR012039

 Posted by at 11:16 午後
4月 162017
 

IMG_0190

輪島の「酒のたかた」さんからおすすめで取り寄せた
お酒のセット。
これは能登杜氏四天王の1人、農口尚彦さんが、「常きげん」の鹿野酒造で最後につくった酒。
5年熟成。
貴重な酒なのに1350円とお手頃価格。

IMG_0193
能登杜氏の酒には能登のつまみ。
輪島海工房のぬかサバ。
器は輪島キリモトの蒔地。
形、質感がなんとも気持ちがいい。

IMG_0192

煮物の右上にあるのは、輪島海美味工房のあごだし。
能登の酒を数本取り寄せたので、輪島の海産物を
海美味工房に注文。
取り寄せは好きではないのだけど、能登関係は別。
器も食材も能登で合わせ、ほっとする家メシ。

 Posted by at 1:31 午前