2月 072017
 

チンゾウ、民進党井坂議員に「GPIFで米インフラに投資」について聞かれ、
「不愉快ですよ!デマ!」 だって。

チン「新聞の記事があるから、週刊誌の記事があるからと言って、
政府を追及されても、困るんですよ。
違うって言ったじゃないですか。
そもそもGPIFは私は指図できません。
指図できないのに、指図できないのにですね、
大新聞ではありますけどね、でも新聞も間違いますよね。
間違えてない?今まで。大きな間違いあるじゃないですか。
吉田所長のね、吉田所長の記事、
全然間違ってましたよね、全然違いますよ。…」
「朝日ガー…」ですか?ネトウヨかい!
てか、質問に答えよ。
GPIF理事は可能性はある、と答えているから確認しただけの話。

アンタがGPIFに指示できないのは
「法律」以前に「常識」。あ・た・り・ま・え!!
(てか、政府が日銀に介入してるのはどうなんよ!)

ついでに「吉田所長」の件でいうと、2014年5月、
《署長命令に違反 原発撤退
福島第一 所員の9割 政府事故調の「吉田調書入手」》
政権が隠し続けた資料を朝日がスクープ。
8月になってなぜか産経・読売も入手。
《全面撤退・命令違反なかった》と報じたことで、
朝日が表現の行き過ぎを「誤報」として取り下げてしまった事件。

調書にあった吉田所長の
「我々のイメージでは東日本壊滅。本当に死ぬかと思った」
という発言こそ教訓にすべきなのに、
ここぞとばかりの「朝日叩き」に、「報道すべてが誤報」
のような印象になってしまった。
検証記事を出すだけマシだと思うのだけど、
チンゾウたちはなにかと「朝日」を持ち出し、
おとしめることに、今日も余念がなかった。

http://www.asahi.com/special/yoshida_report/

原発・慰安婦をめぐる朝日誤報「取り消し」事件は、
この国でお上にさからうヤツがどういう目にあうか、
世に知らしめた。

誰にでも間違いはある。わかったときに訂正すればいい。
「アンダーコントロール」と「所員撤退」。
前者は訂正されず、誰も処分されていない。

今日の答弁で、「吉田調書」を持ち出したので、
ならば私も蒸し返す。

2月 072017
 

GR011316
輪島は人口3万人そこそこなのに、中心市街地に4つも酒蔵がある。
そのうち2つ、白藤(白菊)と清水酒造(能登誉)は好きでよく飲むのだけど、
末廣は久しぶりに口にした。
杜氏を兼ねていたおやじさんがちょっと前に亡くなって、
小さい蔵だからどうなってしまうんだろう、と心配していた。
もともと、素朴な味わいの酒だ。

今回、まずは冷やして飲んでみた。
素朴で鄙びた感じはかわらないが、インパクトが薄い。
ところがぬる燗にして飲むと、味がパアッと花開いた。

息子さん、たいへんやったろうな、
がんばってるんやな…。

末廣のおやじさんだけでなく、
輪島にいる4年間に顔見知りの方が何人かなくなられた。

訃報を聞くたび不意打ちをくらったような気持ちになった。
ずっと暮らしている人ならなおのことだろう。

末廣の酒蔵に酒を買いに行くと、
「自転車気ぃつけて!ホラ、そこ!」と、
サンダルで出てきては、いつもひとことツッコまれていた。
おかみさんやばあちゃんは元気だろうか。
オヤジさんがなつかしい。

2月 072017
 


30日付朝日より
徳島県警が容疑者の男から押収したスマホの画像を解析、
被害者の瞳に男の姿が写っていたことから、
事件への関与を裏付ける証拠として、
画像を地検に送付…とのこと。

瞳の画像処理で、相手の服装や顔の輪郭、
髪の生え際までわかるほど、だそうだ。
防犯カメラの解析と同じ手法らしい。

なんの事件か書いてなかったけど、
こんなんが「証拠」になるなんて、なんだかなぁ…。