11月 132021
 

 福島名物。二本松の有機の農家さんでごちそうになった。
「ざくざく汁」「(煮物の)ざくざく」という地域も。
細かく刻むから煮物をつくる際の野菜の端なども無駄なく活用できる。
 本来は、客の数が予想できない葬式の料理だったが、慶事や祭にも食べられるようになったという。葬儀には鮮やかなにんじんや生物の煮干しは避け、慶事には鶏肉などを入れることもある。
 野菜からもだしが出て、やさしい味で健康的。
 会津地方にはよく似た「こづゆ」があるが、こちらは、だしに貝柱を使う。こづゆは武士(上流階級)の食べ物、ざくざくは庶民の食べ物、という説もあるらしい。
あわいだし汁の味だから、具材はもっと細かく刻んだ方がおいしくなるようだ。

Continue reading »
11月 132021
 

いただいた有機のかぼちゃを食べるメニュー第2弾。
手羽先の脂とかぼちゃがよく合う。腹にたまる。

▽材料(2人前)
•手羽先 6本
•塩こしょう  ひとつまみ
•片栗粉 大さじ1
•かぼちゃ 200g
•水 100ml
★みりん 大さじ1
★酒 大さじ1
★しょうゆ 大さじ1
★砂糖 大さじ1/2
•ごま油 大さじ1
•ごま 適量
•小ねぎ (小口切り) 適量

▽作り方
①かぼちゃをひと口大に切る。
②手羽先に塩こしょうと片栗粉をまぶす。
③フライパンにごま油をひいてかぼちゃと手羽先を焼く。
④焼き色が付いたら水と★を入れ、手羽先に火が通るまで中火で10分ほど煮詰める。
⑤水分が飛んだら火から下ろして器に盛り、ごまと小ねぎを散らす。

福島の農家からいただいた有機農法のにんじんは生のまま。
甘みが濃くておいしい! スーパーの人参を食べられなくなるな。