2月 132017
 

2/21号「週刊女性」(主婦と生活社)で
共謀罪や24条が取り上げられたので買って読んでみた。
「保育園」「原発」などの身近な市民活動を例にあげ、
「家庭教育支援法」の問題まで、
タイムリーな話題を女性向けによくまとめてあった。

パラパラとページをめくると、朝ドラの「べっぴんさん」特集。
龍一という登場人物が紹介されていた。
フォークギターを抱え、白いヘルメットには「反体制」の文字。
「大学生になり、将来に悩みながらも”流行り”に敏感な龍一は、
学生運動やフォークソングにハマる」と書いてある。

なんちゃってゲバ文字で書かれた「反体制」の文字を見て、
とっさに籾井前会長の
「政府が右ということを左と言えない」だの、
最近の退任会見での
「NHKって、ある程度政治との癒着関係のひとつふたつあるわけですよ。
NHKのためになるのであれば、やぶさかでないと言える」
などといった発言を思い出した。

制作者は「反体制」とは無縁なのだろう。
屈託のなさに、怒りを通り越して情けなくなる。

2月 122017
 

2/7の衆院予算委員会。文科省の天下りが問題。
民間企業で「月2回で1千万円」の厚遇ぶりがわかった。
http://www.asahi.com/articles/ASK275G1MK27UTIL03R.html?iref=comtop_8_01

1/30参院予算委員会で「天下り」問題を民進党の蓮舫代表に問われた
麻生財務大臣の言葉を思い出す。

「まず最初に天下りって言葉は安易に使われない方が良いと思います。
いかにも上から目線に感じますので。
少なくとも天下り、天下りと野党の方が言われると、
これは天上がっている方もずいぶんいらっしゃるように感じますので。
天下りという表現はいかにも民間に行くのが天下っていると、
見下げたような言い方は、私の感性に合いません。」

「天上がり」って…。
バカにしてんのか?

2月 092017
 

10日に予定されている日米首脳会談に、
「インフラ投資70兆円」をお土産にもっていくチンゾウ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5E_R00C17A2MM8000/

「原資がGPIF」って、オラたちの年金は打ち出の小槌か?

頼まれてもいないのに、
不思議なポッケからあれこれ出す「お人好し」のチンゾウ。
それ、税金ですからっ!

2月 072017
 

チンゾウ、民進党井坂議員に「GPIFで米インフラに投資」について聞かれ、
「不愉快ですよ!デマ!」 だって。

チン「新聞の記事があるから、週刊誌の記事があるからと言って、
政府を追及されても、困るんですよ。
違うって言ったじゃないですか。
そもそもGPIFは私は指図できません。
指図できないのに、指図できないのにですね、
大新聞ではありますけどね、でも新聞も間違いますよね。
間違えてない?今まで。大きな間違いあるじゃないですか。
吉田所長のね、吉田所長の記事、
全然間違ってましたよね、全然違いますよ。…」
「朝日ガー…」ですか?ネトウヨかい!
てか、質問に答えよ。
GPIF理事は可能性はある、と答えているから確認しただけの話。

アンタがGPIFに指示できないのは
「法律」以前に「常識」。あ・た・り・ま・え!!
(てか、政府が日銀に介入してるのはどうなんよ!)

ついでに「吉田所長」の件でいうと、2014年5月、
《署長命令に違反 原発撤退
福島第一 所員の9割 政府事故調の「吉田調書入手」》
政権が隠し続けた資料を朝日がスクープ。
8月になってなぜか産経・読売も入手。
《全面撤退・命令違反なかった》と報じたことで、
朝日が表現の行き過ぎを「誤報」として取り下げてしまった事件。

調書にあった吉田所長の
「我々のイメージでは東日本壊滅。本当に死ぬかと思った」
という発言こそ教訓にすべきなのに、
ここぞとばかりの「朝日叩き」に、「報道すべてが誤報」
のような印象になってしまった。
検証記事を出すだけマシだと思うのだけど、
チンゾウたちはなにかと「朝日」を持ち出し、
おとしめることに、今日も余念がなかった。

http://www.asahi.com/special/yoshida_report/

原発・慰安婦をめぐる朝日誤報「取り消し」事件は、
この国でお上にさからうヤツがどういう目にあうか、
世に知らしめた。

誰にでも間違いはある。わかったときに訂正すればいい。
「アンダーコントロール」と「所員撤退」。
前者は訂正されず、誰も処分されていない。

今日の答弁で、「吉田調書」を持ち出したので、
ならば私も蒸し返す。

2月 072017
 

GR011316
輪島は人口3万人そこそこなのに、中心市街地に4つも酒蔵がある。
そのうち2つ、白藤(白菊)と清水酒造(能登誉)は好きでよく飲むのだけど、
末廣は久しぶりに口にした。
杜氏を兼ねていたおやじさんがちょっと前に亡くなって、
小さい蔵だからどうなってしまうんだろう、と心配していた。
もともと、素朴な味わいの酒だ。

今回、まずは冷やして飲んでみた。
素朴で鄙びた感じはかわらないが、インパクトが薄い。
ところがぬる燗にして飲むと、味がパアッと花開いた。

息子さん、たいへんやったろうな、
がんばってるんやな…。

末廣のおやじさんだけでなく、
輪島にいる4年間に顔見知りの方が何人かなくなられた。

訃報を聞くたび不意打ちをくらったような気持ちになった。
ずっと暮らしている人ならなおのことだろう。

末廣の酒蔵に酒を買いに行くと、
「自転車気ぃつけて!ホラ、そこ!」と、
サンダルで出てきては、いつもひとことツッコまれていた。
おかみさんやばあちゃんは元気だろうか。
オヤジさんがなつかしい。

2月 072017
 


30日付朝日より
徳島県警が容疑者の男から押収したスマホの画像を解析、
被害者の瞳に男の姿が写っていたことから、
事件への関与を裏付ける証拠として、
画像を地検に送付…とのこと。

瞳の画像処理で、相手の服装や顔の輪郭、
髪の生え際までわかるほど、だそうだ。
防犯カメラの解析と同じ手法らしい。

なんの事件か書いてなかったけど、
こんなんが「証拠」になるなんて、なんだかなぁ…。

2月 052017
 

GR011323

農家の友達が栽培したビーツを使って作ったボルシチ。
色がきれいなだけでなく、甘みとコクが出る。

GR011327

オシャレな食卓っぽいけど、よく見ると新聞の切り抜きが…。
国会では共謀罪や天下り、トランプ政権など雑い審議が継続中。
今日もツジモトさんに、プーチン会談について
「交渉が後退している!」詰め寄られたチンゾウ。
蛮行続きで家の中は新聞の切り抜きだらけ。
美しい住環境のためにも、アベ政治を許さない!

GR011326
スパークリングワインで頭を冷やそう。

2月 052017
 

トランプさんの娘のイバンカさんが
「シンゾウは非常にクレバー」
「シンゾウに従っていればいいのよ」と言ったのだとか。
なにそれ、お嬢様の気まぐれ? それともチンゾウの妄想?

http://www.asahi.com/articles/ASK215G49K21UTFK00R.html?iref=comtop_photo

「首相官邸の幹部が明らかにした」…って、
偽ニュースやないやろね!?

2月 042017
 

GR011302

♪ゴローがそばを打つ~…がしかし、
いつもできあがるのは、そばとうどんの中間「そどん」。
「太く、短く」はオトコの生き様だけでよし!
反省を生かし、こね鉢の大きさに合わせて減量。
いつもはそば粉400グラム、小麦100グラム。
それを300グラムと75グラムに減らした。

GR011303

意外にキチョウメンなゴローは、
たとえ生地がひび割れていても水分量をレシピにこだわる。
が、今回は水も多めにしたから、ひび割れもなし。
当然よく伸びる。いまだ経験したことがないほど、いい予感。

GR011309

麺を折りたたむときの打ち粉が少なかった!
せっかく細く切れたのにくっついているではないか!
ゆでたときにほどけるのを期待しよう。(汗)

GR011310

輪島・白藤の純米活性濁り酒。蓋を開けたら噴き出してしまうから、
用心深く開けるがそれでも、ブッシューだなっしー。

GR011311

気合を入れて作ったそば。そして能登の酒…。サイコーのごちそうだ。

GR011315

で、肝心のソバのできばえは…

GR011312

太く、短く…。芋虫のようなソバ。
最高の原料をまたもや台無しに。
味はおいしいが、のどごしが…。
輪島のそば名人、ODWR氏が見たらなんと言うか…。
ちなみに前回はこちら。

前回が「きしめん」なら、今回は「細うどん」か。

…にしても、ソドン卒業の道は遠い…。