1月 132016
 

201601senden-hoso
バイオリン師匠から年賀状の返事が来た。

「今年も良い音を目指していきましょう」

なんかこれってオラの音に問題があるってこと??
新年早々ビミョーな気持ちになる文言だ。年賀状に促されるように、初稽古にのぞむ。
しばらくサボっていたからか、音程があいにくい。
でも近所づきあいがないので、音程を外そうが、ギコギコ鳴らそうが、
よそに聞こえたって恥ずかしくない。

久しぶりにじっくり練習に取り組んだ翌朝の新聞の見出しは、
「宣伝放送北朝鮮揺さぶり」だった…。
おらのバイオリンは兵士の士気をそぐんかいっ!?

 Posted by at 8:27 午後
1月 102016
 

201601chupet

正月、ゴローの実家で一族初顔合わせ。
4歳になった姪っ子は、体は小さいのに気が強い。
大手を振って歩くので、いちいち人にぶつかる。
そのため母親(義妹)からは「チンピラ」とか「当たり屋」と呼ばれる始末。

典型的な「バカ男子」の甥っ子は小2になった。
妹に当たられるたび、
「てめぇぇぇ」「うっせぇんだォ!」
と滑舌悪く当たり返しているが、すぐ手が出なくなった分、
ずいぶんお兄ちゃんになった。

それでもじゃれ合いがガチの紛争になることもしばしば。
母親(義妹)がまたか…といわんばかり、
「お義母さん! チューペットありますか?」
と冷凍庫を開けて探している。

「あんまりうるさい時はチューペットくわえさせとくんです。
そうするとおとなしくなるから。しばらく黙らせておきたいときは、
長いチューペットにするんです。あまり与えたくないけど、便利ですよ」
と、紛争解決者としての極意を語った。

新年早々、蒸し返しネタ続きでなんだけど、慰安婦問題の日韓合意。
アメリカからチューペットくわえさせられた
日韓両首脳の姿が思い浮かんだ。

 Posted by at 8:25 午後
1月 072016
 

201601musikaesu
昨年末の12月28日、
年末のドタバタを見計らったかのように、
突然慰安婦問題の「日韓合意」が取り付けられた。

「2度と蒸し返さない」って、
誰が誰に対して求めてるんやろ?
両国の歴史学者が政治のせいで自由に研究ができなくなったり
何も言えなくなるやん?
教科書だって、両国が「なかったこと」にするのこそ、
当事者が最も望んでいないことじゃない?

「最終的不可逆的」なんてムズカシイ言葉で抑え込もうとするほど、
かえってややこしくなる気がする。

 Posted by at 7:44 午後
1月 042016
 

201512katayottemasu
ニュース23の岸井さんに続いて、
報道ステーションの古館さん、サンデーモーニングの杉井さん…と
看板キャスターの降板がこの年末、立て続けに報じられた。
いずれも政府見解と異なる意見を発信した人たち。
岸井さんなんかは「偏向」と名指しで意見広告まで出されてしまった。
てか、政府批判、仕事やん?

「偏ってる」人に限って、「フツウの日本人です!」と胸を張る気がする。

私は大丈夫かな?

やっぱアレかな?

 Posted by at 5:07 午後