4月 172006
 

10604-2sotonakata.gif
  東京で法事があるので、そのついでに靖国神社へ行ってみることにした。
 ひとりで行くとハマりそうだったので、
東京にいる 「市民運動おばさん」(と言ったら怒られる)Nさんと市ヶ谷で待ち合わせ、一緒に行くことにした。
 「市民運動おばさん」と言っても、若々しくて年齢は私と同じくらいにしか見えない。 (やっぱしおばさん、か)
「Nさんはなんでまたこの道に?」と聞くと
「ワタシはもともとゴルフ場建設に反対してたんよ。 レイザルさんは?」
「ア、アチキですか?アチキはサカクモ専門ですゥ。 せいぜいこの1~2年ってとこですか」
「へぇ、ずいぶんと年季が入ってるように思ってたけど」
 千鳥ヶ淵の満開の桜の下をペチャクチャおしゃべりしながら靖国神社に到着。

4月 092006
 

10604-1enjo.gif

「軍国萌え」もひとりで完結するぶんにはいいけど、
今はそういう「趣味」を押しつける人が多い。
しかも首相やら知事やら市長や議員だったりするから、
「趣味」の範囲に収まらなくなってきている。
頼むから趣味はひとりで楽しんでもらいたい。

4月 072006
 

10604-1gunjimoe.gif

今度法事で東京に行くことになった。
せっかくだから靖国神社の遊就館に行ってみようと思う。
年末になると放映される「日本海海戦」なんかを
楽しみに見てしまうヘンな小学生だった私は、
「軍国モノ」に萌える人の気持ちがわからなくもない。
しかも感化されやすいタイプなので、見たらまた
病気がぶり返すかもしれない。
お化け屋敷じゃないけど、ひとりで行くのが心配だ。

4月 042006
 

10604-1abe.gif

週刊誌の見出しに、「安倍サンの下半身スキャンダル」
なるものが載っていた。
記事によると、安倍サンは大腸がとても過敏で、緊張が続くと
座っているのもつらいくらいの下痢をしてしまうそうだ。
さすが政界のプリンス。血筋がいいだけあってデリケートではないか。
Continue reading »

4月 042006
 

政界のクサイ話で思い出した。
90年頃、イタリアでサミットが開かれたとき、
村山首相が晩餐会で出されたイタリア料理の
オリーブオイルが体に合わなくて、腹をこわして
急遽帰国したことがあった。
バブルの頃でイタリアブームでもあったので、
わたしはそのニュースを聞いたとき、
「ダセェ」と思った。
たぶん国民の多くが失望したと思う。
首相の腹具合の頼りなさが、社会党への失望に
つながったのでは、と私は勝手に確信している。
あのとき、村山サンが腹さえこわしていなければ、
あのとき、オリーブオイルさえ出されていなければ・・・。
改憲の声が高まっている今、この出来事が悔やまれてならない。

4月 012006
 

10603-4sikaku.gif

 自民党の女性議員、たしか「刺客」の佐藤ゆかりだったと思う。
「首相、首相は尊敬する人に織田信長を挙げていますが、
桶狭間の合戦の時、信長の情報収集力が今川義元を打ち破ったとのことですが、
首相の情報に関する認識をお聞かせ下さい」
「戦国時代は戦国武将はみな情報を大切にしていました」
 ……云々。
 この国はどこへ行く・・・。

3月 312006
 

10603-4sekai.gif

 ウゾーと電話で話してたとき、
「『世界』(岩波)も、もっと売れるように作らなあきませんワ。健康雑誌の『いきいき』みたいに」
 と言い出した。私は今のカンジ好きなんだけど、確かに「読まなアカンで」と、迫ってくるカンジが重くなくもない。
Continue reading »

3月 292006
 

クルクル寿司を食べに言った。
夕食時で家族連れでにぎわっていた。
小さな子どものいる家族は
まず、「うどん」を注文する。
「うどん」でお腹を満たしてから
寿司にいく、という大阪人らしい
とても合理的な判断だ。