1月 142017
 

輪島の友人へ地元のぽんかんを送った。
和歌山では珍しくもない柑橘も、北陸ではトロピカルフルーツの扱い。
ましてこの寒波、トロピカル度は一層アップ。
きっと喜んでもらえるだろう。
朝ごはんを食べていると、トモチャンから電話が鳴った。
「いま、ぽんかん届きました〜!ありがとうございます。
雪で買い物に出られんので助かります。
ビタミンC補給しますね」…とのこと。
「トロピカル」どころか、
「不足しがちなビタミンを補う貴重な生鮮食料」になっていた。

1月 142017
 

強い寒気の影響で、全国で雪の影響が出ている。
いまだ、北陸の天気チェックは欠かさないが、
この時期は特に気になる。

最低気温は和歌山とさほどかわらなくても、
最高気温の5度の差が大きいのだ。
それと寒い期間の長さ。
和歌山では気温0度は最大瞬間風速みたいなもの。
1週間ほどのがまんだ。しかも日差しはまぶしい。

とはいえ、日本海側の冬の曇天は嫌いではない。
輪島市のライブカメラをほぼ毎日、眺めている。

http://www.city.wajima.ishikawa.jp/docs/2013032600139/

街がみるみる白く埋め尽くされていく。
カメラが強風で揺れたり、雪が張り付いて見えないこともある。
怪我や事故がないように…と思いつつ、
私も電気ストーブのそばから離れられないでいる。
(↑少しは動け!:ゴロー談)