12月 292009
 

松陰女子の高校生

松江の女子高生は地味!
校則が厳しいのか、「慣習」の違いか、
髪を染めている子も見かけない。
男子もおしゃれっけがない。
私立は違うのかもしれないけど。
素朴でかわいい子が多いと思う。
極端にダサいのがいないのが昔と違うところか。
先週、用事で神戸に行っていた。
制服がかわいいことで昔から有名な、
神戸の某ミッション系女子校の女の子が歩いていた。
すごくきれいな子で、雰囲気もあり目を引いた。
しかも、骨格からして違う!!
単に細いだけではないのだ。
「朝ごはん食べましょう運動」(?)なんか
まじめにやってたら、あの体型にはなれないだろう。
「格差は遺伝する」ではないが、
食生活、家庭環境すべてが「体型」という
「格差」となってあらわれる気がした。
うらやましいかどうかは別として、この現実。
努力では埋め合わせることができない「格差」が
こんなところにもあったとは!?

12月 252009
 

松江の女子高生

「日本海側」というだけで、豪雪地帯を想像しそうだけど、
年間通しても松江に雪が積もる日は10日くらいだそう。
12月20日の松江は寒波の影響で朝から雪がちらついていた。
だけど地元女子高生はこれしきではオーバーコートを着ない。
どころか、生足。
さすがに靴はハイカットのスニーカーだけど。
信号待ちの高校生の会話。
「寒さが身にしみるね~」
「うん、しみるぅ~」
・・・「身にしみる」って言葉、
イマドキの高校生の口から聞くとは思わなかった。

12月 242009
 

クリスマスディナーも自宅で。まずは……

クリスマスツリー風サラダ

クリスマスツリー風サラダ。 だれや!ブッシュサラダとか言うやつは。

カボチャスープ

パンプキンスープ。冷え性防止に冬至はカボチャで。

sawara.jpg

サワラのトマトジュース煮込み。ピクルスも入ってまっせ。
日本海の冬のサワラは脂がのっておいしいのだ。

クリスマスの夕食

こちらが全体図。どこか乱雑ってか?

 

12月 232009
 

教科書ラップ

市内の情報案内板ではラップグループ MEGA BOSEが「松山」
というヒネリもないタイトルの、「ご当地ラップ」を唄ってる。
「好古 真之 坂の上の雲のまち~♪」みたいな。
ここでも子規、漱石を隠れ蓑にするやり方がセコイ。
後ろめたい気持ちが少しでもあればいいのだけど。

…………
…………
…………

教科書ラップ2

おお!そうだ!!教科書オジサン達も若者に関心を持ってもらうため、
「歴史教科書採択問題」をラップにしたらえーのだっ!!
よし、代わりに考えてあげようっと。
でも、まさか見てへんよねっ?(怒られそう・・・)

12月 232009
 

ドラマ「坂の上の雲」の歴史認識は誤っている!と
看過できなくなった教科書オジサン達は
NHKに質問状(申入書?)を送ったそうな。
だけど、松山市がそうであったように、
どーぜNHKも「明治の青春群像」だとか
「明治人の生き様を描く」くらいしか言えないんだろうな。
だからと言って、学術的に明らかになっている事実を
そんな程度の言い訳で無視するのは、なんとも情けないし、
研究者にとって大変失礼なことだと思う。

それにしても、松山市の盛り上げ方は異様。
小中学生宛てに「番組視聴の御案内」を教育長の名前で
出しちゃうんだから。
「3人の主人公の生き方や明治の松山、日本の姿について
団らんの場を設けて頂きたい」なんて、
とうとうアタマがおかしくなったんじゃないかと思う。(つづく)

12月 122009
 

セコガニの鍋

1匹400円のセコガニが3匹入ってます。生きてるカニをぶつぎりにして鍋にぶちこんで……

セコガニ鍋改2.jpg

できあがり。
小さいから食べるのに手間はかかるけど、味はばつぐん。
こちらの地酒にあいまっせ。
明朝のおじや、あるいはうどんが楽しみ。

 

12月 122009
 

松葉がに

カニの季節だ。水揚げ港の境港へ直行。

水産物直売センターに入るとカニ、カニ……

松葉がに(このへんで生で揚がるズワイガニのこと)は3000円から1万5000円もする。

生きて泡ふく

ほら、ちゃんと泡を吹いて生きている。
百貨店にならぶ冷凍ズワイガニとはまったく味がちがいます……とのこと。
松葉がにの名は、生で持ってきたものじゃないと名乗ったらいけないんだそうな。
いわゆる「カニ民宿」でも、安いところは冷凍ガニばかりだもんね。
ここの直売所でも、冷凍ものは「ズワイガニ」として売っている。

ゆでがに選択

こちらはゆでがに。生がにを買えば鍋や焼きがにや刺身も楽しめるけど、
どうせカニをカニとして食べるなら、ゆでてもらってもまったくOK。

せこがには安い。味は細やか

「セコカニ」はオヤガニとも呼ばれる雌のカニ。
見てのとおり、1匹300~400円と圧倒的に安い。
小さくて食べるのは手がかかるけど、味は繊細でおいしいのだ。
ぶつ切りにして味噌汁にしたら最高やな。

ノドグロ

大きなノドグロは100グラム750円だって。高級牛肉なみ。
小さなものは1匹5,600円だが、こういう大きなものは脂がのってとてもおいしいという。
まだ買う勇気はない。

巨大イカ

巨大な紅イカ。刺身用というけど、何人前になるのやら。

白イカ

右手の白いかは刺身にしたら最高にうまい。

干物

こんな干物も。酒にあいます。

贈答セット

贈答セット。地元であがったカニと海老とイカと……。

 

かいがん定食2000円

漁港にある「かいがん」という店へ。いかにもおいしそう。
こちらは「かいがん定食」2000円。紅ズワイガニがたっぷり。
ちなみん「紅ずわい」は本当のズワイとちがって、味はちょっと大味。
「こっちのほうがカニカマみたいでおいしい」って人もいるようだけど。
松葉がにの定食は2500円だった。

特選海鮮丼定食1900円

海鮮特選丼1900円。ズワイの足も2本あり、ウニや白いかもはいっている。
魚もかなりうまい。
その他、上記の定食にある天ぷらや茶碗蒸しなどもついている。

 

12月 072009
 

水菜と卵の中華風サラダ  卵が入ることで俄然食欲がわく

ほうれん草とレーズンとアーモンドのオリーブオイル煮  スペイン料理のタパス風。ワインにどうぞ。

春菊の白和え  春菊だけだと食べにくくても豆腐とあえると1把なんてあっちゅーま。