8月 072020
 

■トマトソース

▽材料(6人分ぐらい)
・タマネギ 1個
・ニンニク 1〜2かけ
・ナス 小2本
・パプリカ 1個
・完熟トマト中 3個(缶詰なら1缶)
・ローリエ 1枚
・オリーブオイル 大さじ2
・塩 2〜3つまみ
・コショウ
・砂糖 小さじ1/2

▽作り方
①ニンニクは粗めのみじん切り。タマネギは1センチ角に切る。
 ナスやパプリカも1センチ角に。大きさをそろえる。
②フライパン(大)にニンニクとタマネギを載せてからオリーブオイルをかけて点火。「先に油をひいて火をつけたらニンニクがカリカリになる。今回はやわいままにするためや」とのこと。
 タマネギが透明になってきたら、ナスとパプリカを入れる。ナスに火が通ったらざく切りにしたトマトを入れて煮込む。ローリエも入れる。
③ぐつぐつ煮込み、水分が飛んでペースト状になってきたら、いったん火を止めて、塩とコショウを入れる。ちょっと物足りないぐらいにとどめる。
 教えてもらったときは「天才鬼コーチの隠し味や!」と砂糖を小さじ半分ほどませていた。
 再度点火して、ぐつぐつしてきたら火を止める。
 その日食べない分は小分けして冷凍する。トーストでパスタでも使える。

■鶏胸肉のトマトソース紙包み蒸し
▽材料(2人前)
・胸肉 1枚
・塩こうじ 大さじ1
・上記のトマトソース
▽作り方
①胸肉をサッと洗って皮を取り、塩こうじをまぶしておく。
②縦半分に切って、食べやすいように深めの切り込みを入れ、クッキングペーパーの上に載せて、平べったく伸ばす。肉の上にトマトソースを平らにならして載せる。
③キッチンペーパーの対角線をつまんで巻き込み、別の対角線をキャンディーのようにねじってぴったり包む。アスパラガスをいっしょに包んでもよい。
④600ワットの電子レンジに6分間かけ、余熱であたためるため5分ほど置いておく。肉に火が通ればできあがり。

8月 072020
 

 鬼コーチの友達のアユミちゃんが「一番のおすすめ」と教えてくれた納豆の食べ方。トマトの酸味とキュウリの歯ざわりがさわやか。

▽材料
・納豆 1パック
・キュウリ 1/3本
・トマト 小1/2個
・卵 1個
・納豆のたれ
▽作り方
①キュウリはみじん切り。トマトはざく切り。
②①に納豆と生卵と納豆のたれを混ぜるだけ。味が薄ければ醬油を追加する。