5月 302022
 

 またもや格安の手羽元と、賞味期限切れの牛乳を使うレシピ。
 手羽元はゆでるとだしがよく出るからスープの素を使わなくてすむのがありがたい。2日目はニンニクも加えた。

▽材料 (3、4食分)
•鶏手羽元 8本
•玉ねぎ 2個
•キノコ(しいたけや舞茸、マッシュルームなど)
・水 3カップ
•牛乳 2カップ
•小麦粉 大さじ1
•バター 大さじ2
•塩 適宜
•こしょう 適宜

▽作り方
①肉に切れ目を入れ、塩、こしょう少々をふってなじませる。バター(大さじ1)をひき、鍋に皮を下にして鶏肉を入れ、薄く焼き色がつくまで強火で焼く。
②火を弱めて小麦粉を加え、混ぜる。粉が白いうちに水を入れ、強火で煮る。煮立ったらアクを取り、弱めの中火で約20分煮る。
③玉ねぎは半分にして厚さ2cmに(新玉ねぎなら大きめに)。フライパンに残りのバターを熱し、玉ねぎ、キノコを強火でさっと炒め、鍋に加える。
④牛乳と、塩こしょう少々を入れ、5~6分煮る。

5月 302022
 

 手羽元が100グラム38円と激安だから週に2度は買ってしまう。
 2週間前は普通の鍋を使った()が、今回は圧力鍋を使う鬼レシピで。
 肉がやわらかくなるのが長所だが、新玉ねぎが溶けてしまってちょっともったいないかな。好みでニンニクを入れてもよい。


▽材料(2食分)
・手羽元肉(手羽先でも) 6本
・新玉ねぎ 3個
・塩、薄口しょうゆ(大さじ1)、黒コショウ。
▽作り方
①肉の皮を下にしてフライパンにならべ、弱火にかける。皮から出た脂で焼き目をつける。
②玉ねぎは1/4に。肉と玉ねぎと水4カップを圧力鍋に加え、ふたをして3分間圧力をかける。
③塩ふたつまみと薄口しょうゆ(大さじ1)で味をつけてできあがり。

5月 302022
 

 2週間前に期限が切れた卵が冷蔵庫にあるから、卵焼きに初挑戦。
 レシピは一番簡単そうなキューピーから。
 くるくる巻くのがめんどうだ。
 しかも、うーん、このコゲコゲの物体はなんだ?
 スペイン風のオムレツと考えればおいしそうだけど……

▽材料(2人分)
・卵2個
A 砂糖 小さじ1
A しょうゆ 少々
A 塩 少々
・油 適量

▽作り方
①ボウルに卵を入れ、箸で卵白を切るように溶き、Aを加えて混ぜる。
②小さな容器に油を入れ、折りたたんだキッチンペーパーを浸けておく。③卵焼きのフライパンを中火にかけ、油を含んだキッチンペーパーで油をぬる。中火でよく熱する。 (高温を保つことが大切。焼くときの卵液の温度が100℃以上だと、卵中を自由に動ける水分が瞬時に蒸発し、たんぱく質が凝固するので、きめ細かい仕上がりになる)
④中火のままで、1/3の量の卵を流し入れて広げる。気泡ができたら箸でつぶし、半熟状になったら奥から手前に卵を巻く。
⑤巻き終わったら奥にずらし、キッチンペーパーで油を塗り、巻いた卵の下にも塗る。
⑥卵液を1/3流し入れて広げ、巻いた卵を少し浮かせて下にも流し入れる。半熟状になったら奥から手前に巻いていき、再び奥に移す。これをくり返す。
⑦焼き上がったらキッチンペーパー上に取り出して巻き、しばらくおいてから切って盛りつける。