5月 152022
 

「簡単だけど、豆の甘みがわかって、ワインにも合うよ」と、福島の道の駅で教わったレシピ。
▽材料(2人分)
・スナップエンドウ 20個
・オリーブオイル 大さじ1
・塩こしょう
▽作り方
 スナップエンドウの筋を取ってオリーブオイルをまぶし、塩こしょうをして、フライパンで両面焼くだけ。

5月 152022
 

 いずれも旬の食材で季節感抜群。
▽材料(2人分)
・スナップエンドウ 30個
・新玉ねぎ 1/2個
A 酢 大さじ6
A 水 大さじ6
A 砂糖 小さじ2
A 塩 小さじ1/2
・タカノツメ 1本

▽作り方
①Aを小鍋に入れて煮立てて冷ましておく。
②スナップエンドウは筋を取り、熱湯で2分弱ゆでて水にさらし、ざるに上げる。
③新玉ねぎを薄切り(古い玉ねぎは水にさらす)。
④容器にスナップエンドウと玉ねぎを交互に詰め、①とタカノツメを入れて3時間以上漬ける。(タカノツメのかわりにピンクペッパーにするとさらに見栄えがよいかも)

5月 152022
 

▽材料
・きぬさや 70g
・豆腐 1/2丁 150g
☆すりごま 大さじ1
☆砂糖 小さじ2
☆醤油 小さじ2
・塩 2つまみ

 沸騰した湯できぬさやを2分ほどゆで、水でさらしてバリバリと割って、その他の材料と混ぜるだけ。

5月 152022
 

実家から送られてきたスナップエンドウと格安鶏胸肉の合体。
化学調味料は使いたくなくて、鶏ガラスープのもとを省いたらちょっとうまみが足りなかった。

▽材料 (2人分)
・鶏胸肉 1枚
・マヨネーズ 大さじ1
・マッシュルーム 4個
・スナップエンドウ 10本
・じゃがいも 2個
・玉ねぎ 1/2個
・小麦粉 大さじ2
・白ワイン 大さじ1
・鶏ガラスープのもと 小さじ2
・水 100ml
・豆乳 200ml
・塩こしょう 各少々
・バター 10g

▽作り方
①鶏胸肉は全体にフォークで穴をあけ、削ぎ切り。スナップエンドウは筋を取り除く。マッシュルームは薄くスライス。じゃがいもは皮をむいて食べやすい大きさに切る。 玉ねぎはくし切り。
②じゃがいもは、ラップしてレンジ600wで5分ほど加熱。(串が楽に刺さるまで)
③胸肉はポリ袋に入れてマヨネーズをもみこむ。
④バターを溶かしたフライパンで胸肉を焼き色がつくまで炒める。
⑤スナップエンドウ、マッシュルーム、じゃがいも、玉ねぎ、白ワインを入れ、小麦粉を加えて炒める。 ⑥水を少しずつ入れてなじんだら、鶏ガラスープのもとを加えてひとにたちさせて豆乳を加える。
⑦とろみがついたら、塩(2〜3つまみ)とこしょうで味をつけてできあがり。

5月 152022
 

▽材料 (2人分)
・手羽元 6本
・新玉ねぎ 2個
・にんにくみじん切り 1かけ
・水 1カップ
☆酒 大さじ3
☆塩 小さじ1/2
☆おろし生姜 1かけ分

▽作り方
①手羽元は骨に沿って切れ目を入れて鍋に並べ、両面に焼き目をつける。その上に4等分に切った玉ねぎとにんにくみじん切りを乗せる。
②水を加え、沸騰したら☆を入れ、蓋をして弱火で30〜40分煮込む。
③味が足りなければ塩こしょうを加える。盛り付けてオリーブオイルをかけたらさらにおいしくなる。