11月 212021
 

「薄く切って、塩で殺して、砂糖と酢と柚を散らすだけでいいよ」と、福島の農家民宿「遊雲の里」で教えてもらった。
 熱を加えなくても「塩で殺」せばよいのだ。たしかに、熱を加えたように甘みが出て、えぐみが消える。「殺す」って、よい表現だ。
▽材料
・小かぶ 3個(約300g)
・柚の皮 適量
・塩 小さじ1(野菜の重さの2%)
・砂糖 大さじ1~1と1/2
・酢 大さじ2
▽作り方
①かぶを半月型に薄切り。塩をしてしばらくおき、水分を搾る。(今回はもったいないから葉も使った)
②砂糖と酢を加え、柚の皮を散らす

11月 212021
 

冷蔵庫にあるブロッコリーとミンチを活用するメニュー。
▽材料(2人前)
・ひき肉 150g
・ブロッコリー 180g
・長ねぎ 1/2本
・生姜 1かけ
・鷹の爪輪切り 1本分
・しょうゆ・酒 各大さじ1
・ごま油 大さじ1/2

▽作り方
①生姜はみじん切り。長ねぎは1cm幅の斜め切り。
②ブロッコリーは小房に切り分け、耐熱皿に入れてラップをかけ、600Wのレンジで2分チン。
③フライパンを中火で熱してごま油をひき、鷹の爪輪切りを入れ、香りが立ったらひき肉を入れ、火が通るまで炒める。
④ブロッコリーとネギを入れ、全体に油がなじんだら、しょうゆと酒を入れてさらに2分炒める。

11月 212021
 

福島県の旧東和町(二本松市)の農家民宿「遊雲の里」でならった、大根大量消費メニュー。
現地で食べたものよりちょっと薄味になった。
もう少し砂糖を増やせばよかったか。餅にからませてもおいしい。

▽材料(4人分)
・大根 1/2本
・タカノツメ輪切り 1本分
★醤油・みりん・酒 各大さじ2
★砂糖  大さじ1

▽作り方
①★を混ぜておく。
②大根を少し太めの千切り。
③中火に熱したフライパンにサラダ油を引き、②とタカノツメを炒める。 ④大根が透き通ったら、混ぜておいた調味料を加え、汁気を飛ばすように炒める。

11月 212021
 

 おいしいジャガイモとブロッコリーを一緒に食べたくて見つけたレシピ。
▽材料(2人前)
・じゃがいも 100g(中1個)
・ブロッコリー 100g(1/2房)
・ブロックベーコン 40g
・ニンニク 1かけ
・鷹の爪輪切り 1本
・塩 2つまみ
・オリーブ油
▽作り方
①ジャガイモは一口大に切り、耐熱容器にラップをかけ、600Wの電子レンジで3分チン。
②ブロッコリーは小房に分け、耐熱容器に濡らしたキッチンペーパーをのせ1分チン。
③ニンニクはみじん切り。
④ブロックベーコンは5mmの角切り。
⑤フライパンにオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れて香りが立ったら、中火にして①と④を入れ、焼き目がつくまで炒める。
⑥②と塩を入れ、芋に火が通るまで炒める。

11月 212021
 

 福島いただいた有機のカボチャ。手羽先の脂とよくあう。

▽材料(2人前)
•手羽先 6本
•塩こしょう  ひとつまみ
•片栗粉 大さじ1
•かぼちゃ 200g
•水 100ml
★みりん・酒・しょうゆ 各大さじ1
★砂糖 大さじ1/2
•ごま油 大さじ1
•ごま 適量
•小ねぎ (小口切り) 適量

▽作り方
①かぼちゃをひと口大に切る。
②手羽先に塩こしょうと片栗粉をまぶす。
③フライパンにごま油をひいてかぼちゃと手羽先を焼く。
④焼き色が付いたら水と★を入れ、手羽先に火が通るまで中火で10分ほど煮る。
⑤水分が飛んだら火から下ろして器に盛り、ごまと小ねぎを散らす。

11月 212021
 

これまた福島で習ったカブを簡単にたくさん食べられるメニュー。
「かぶを塩で殺して、酢と砂糖をかけて柚を散らすだけだ」と言われた。
「塩で殺す」という表現、いいなあ。
熱を加えなくても塩で「殺せる」のだ。今回は葉も一緒に「殺した」。

・小かぶ 3個(約300g)
・柚の皮 適量
・塩 小さじ1(野菜の重さの2%)
・砂糖 大さじ1~1と1/2
・酢 大さじ2

①かぶを薄切り。塩をしてしばらくおき、水分を搾る。
②砂糖と酢を加え、柚を散らす