8月 152020
 

 2018年4月、冷凍庫に余っていた牛肉と、宅配で届いたゴボウを使うよう病院からメールで「指令書」(レシピ)が届いた。泥だらけのゴボウを前に「めんどうだなぁ」と思っていたら、「包丁でこそげるとか高度なことは考えるな。ピーラーを使え」と書いてあった。僕の考えを先読みしている。
 鬼コーチがいたころはたまには国産のおいしい牛肉を買ったけど、今回は100グラム120円のオージービーフ。

▽材料
・ゴボウ 大1本
・牛肉 100グラム
・ショウガ 1かけ
・ごま油 大さじ1弱
☆しょうゆ 大さじ2弱
☆砂糖 大さじ1/2
☆酒 大さじ1

▽作り方
①ゴボウの太い部分は縦半分に切って、斜めに2,3ミリの厚さに薄切り。細い部分は丸いまま斜めに薄切り。切ったゴボウは水にさらしてあくを抜く。
②ショウガはすりおろす。
③フライパンにごま油をちょっとひいて牛肉を炒め、ゴボウとショウガを投入する。ゴボウが透き通ったら☆を入れる。こげつきそうなら水を足してもよい。
 味を濃くすれば保存食にもなるが、たっぷり食べるため今回は薄味。ビールにぴったり。