11月 072019
 

 10月末からお客さんがつづいた。
 人生あとわずかのつもりで、今後のことはなにも考えずに退職を決めたが、いろいろな人が来てくれると、それぞれが、自分では考えられなかった具体的なオプションを提示してくれる。
 そっか、まだやるべきことがあるのかもしれないな、と、その場では思えた。ひとりにもどると、その多くはしぼんでしまうのだけど。
 外食つづきだったから、蒸し野菜をすることに。
 基本は鬼メニュー(http://www.reizaru.sakura.ne.jp/saru/?p=11342)だが、好物だった五郎島金時を入れることに。そのほか、ヒラタケとジャガイモ、ウインナー、キャベツ、ニンジン、タマネギを使った。

 糠床を久しぶりに開けたら、表面がヘドロのような灰色になり、異臭を放っている。
 捨てた。ちょっと寂しいが、「2カ月継続」の目標は達したからよしとしよう。

いただいた近江の酒。精米歩合65%なのに、はなやかで香りが高い。白ワインに近い。