11月 132010
 

ミシュラン

伯父の13回忌法要のあと、食事会。
京都市内の閑静な住宅街にある、看板もなければ、値段も書いてない純和風の邸宅。
これが「一見さんお断り」ってヤツですか?
日当たりの良い庭に面した座敷に通される。
親戚の話によると、先頃のミシュラン大阪京都版で一つ星だったとか。
膳の上に並んだお猪口も、さりげなく手描きのアンティーク。
運ばれるお料理は、刺身や吹き寄せなど、季節感があふれ、ひとつひとつ手間がかかっていて、どれもおいしい。
しかも京都人向けになんでも小さく切って料理されている。
年寄り、いや、お上品になった気分だ。
牛肉のしぐれ煮に入っていた「永源寺こんにゃく」なんか、向こう側が透けるほどの芸の細かさ。
高級品の「永源寺こんにゃく」だとは、一瞬わからない。
これって京都らしい「奥ゆかしさ」だろうか。
食事の後は、「おうすどす~」と抹茶と栗蒸し羊羹。
0.5mmくらいの薄さで切られた栗蒸し羊羹に、職人のワザと自分の口の卑しさに感心する。
伯父さん、伯母さん、ごちそうさまでした。
長~い時間をかけてチョコチョコ料理が運ばれ続け、食事を終えた頃には、リブ編みのセーター姿は、すっかり「ミシュラン君」になっていた。