4月 162010
 

NHK大阪


大阪で6時のNHKニュースを見る。
新入生の入学式のニュースだった。
女性アナウンサーが子供達にインタビューするVTRが流れる。
「大きくなったら何になりたいですか?」
「うんっと、パティシエ!」
「どんなケーキ作るの?」
「・・・」(テロップにも「・・・」)
突拍子もない質問に子供の顔がみるみる凍ったところでVTRが終わり、スタジオの男性アナウンサーが
「そんなこと聞くか?」と関西弁でツッコミ。
そして場の流れを変えるかのように、
「わたしは子供の頃は野球選手になりたかったですね」
と、さわやかに素振りをして見せた。
今度は隣にいた女性アナウンサーが、
「わたしはアイドルになりたかったです」
と、再び場の空気は険悪に…。
男性アナは目も合わさず
「聞いてへんわ!」とあからさまに不機嫌に言い放った。
ドギツイ漫談のような6時のニュース。
今まで気が付かなかったのは「慣れ」からだったのか。
それとも「みなさまのNHK」の新たな方向性なのだろうか。