2月 262010
 

思想仕分け

タケ子事務所に用事で電話。
選挙の日にちを確認する。
「あなたもよかったら応援に来て、タハラさんとペアでウグイス嬢をやってくださいな」
と笑う。そして、
「そうや、ヤナカさんにも車に乗ってもらって『サカクモ反対・歴史認識』号にしたらえーわい」と提案。
あのサ、おいら、完全に「そっち系」スか?
タケ子によって、「歴史認識グループ」に仕分けされてしまった。

 Posted by at 6:38 午後
2月 192010
 

天然鯛のあら炊き

近海の天然鯛のあらがあった。2匹分で300円ちょっと。
これは買い!
大根やタマネギ、ゴボウ、豆腐といっしょに煮込む。

天然鯛のあら炊き

あらは身よりもいろいろな味を楽しめる。
骨が多くて、鱗が残っていたりして手間がかかるのは御愛敬。
今度は寒ブリのあらを大根といっしょに食べたいな。

 Posted by at 11:44 午後
2月 192010
 

ソバ蒸しケーキ

奧出雲のそば粉でつくった蒸しケーキ。レーズンやクルミもたっぷり。
今年のバレンタインのテーマは地産地消。

ソバ粉のチョコチップクッキー

同じくそば粉でつくったチョコチップクッキー。

 

 Posted by at 11:39 午後
2月 172010
 

フィギュア

バンクーバーオリンピックが始まった。
ヨガ教室のオバチャン達と、
「今年のオリンピックは盛り上がらないね~」
という話で盛り上がった。
服装違反の選手の話題でひとくさり。
そしてそこそこ年齢のいってる先生が、
「最近メダルが取れんのも、若い人に根性がないからや」と言い、
「運動会で順位をつけない」
「道徳を教えない」など、
「最近の教育」の問題として、オチをつけた。
「最近の教育が問題」という人は、
自分自身や、自分の子や孫のことも含めて、反省を込めて言ってるのだろうか。
もし、自分らのことは棚アゲで、すべて「教育のせい」にするなら、
「最近の」「モンスターペアレント」と一緒やん?

 Posted by at 10:37 午後
2月 102010
 

取り調べ

夜中に急に気持ち悪くなり、トイレで吐いた。
風邪でもなさそうだったので、さては、昼ご飯に食べた
「舞茸天ぷらそば」が油っこかったか?
ゴローは
「熱は測ったか?」
「まだ気持ち悪いか?」
「たぶん天ぷらの油が悪かったんやろ」
などと、心配してくれる。
吐いたら収まったので再び寝付こうとすると、
突然思いついたように、
「まさかアイスなんか食ってへんやろな?」とゴロー。
「へっ?!」
「だから、アイスなんか食ってへんよな?」と念を押す。
「な、な、なんでっ?!」
「そらそーや。この時期にアイスなんて食うヤツ少ないから、
回転が悪くて古いのにあたることはよくあるで」
「・・・。」
「食ったんか?」
「はい・・・。」
「ホンマに食ったんかっ!?」
「す、すみません。食べました。」
「どこで!?」
「え、駅。」
「駅にアイスなんてあらへんやろ?」
「駅、の隣の、シャミネで・・・。」
「なにアイスや?!」
「抹茶ソフト・・・」
「それだけか?」
「はい、それだけです」
しんどい身体に優しい言葉で安心させ、
その後に続く非情な取り調べ。
「自白」は「する」のではなく、「させられるもの」だと実感。
「取り調べの可視化」は絶対必要だと思った。

 Posted by at 3:12 午後
2月 092010
 

お接待の条例

 昨年12月、愛媛県議会は「お接待の心条例」
(えひめお接待の心観光振興条例)を可決した。
「サカクモ」や、あわよくば「龍馬」など、
四国を舞台とするNHKドラマ放映を地域活性に結びつけたいというもくろみだ。
条例案にあった、「弘法大師ゆかりの」だとか、「霊場」という文言を削除し、
宗教色を薄めた修正案で可決。
「個人の内面に踏み込んでいる」と全会一致とはならなかった。

それにしても、「おもてなしの心」が「条例に基づく行為」だと判ったら、
世間知らずのお嬢様育ちの私なんか、人間不信になってしまいそう・・・。
てか、人をバカにしてへん?
「お接待」ならぬ「おせっかい」、余計なお世話だっての。
だいいち「観光振興」目的で「信仰」を利用するなんて、
いくら「お大師さまはなんでも許してくれる」とはいえ・・・。

相変わらず「社会の窓全開」のエヒメ。
県民に条例を課す前に、行政こそ県民に対し、「お接待の心」を持てっての!

 Posted by at 1:14 午前